赤ちゃんの耳のぶつぶつはなに?出来てしまう原因やケア方法は?

赤ちゃんは肌が弱いので肌トラブルがつきものですよね。
多くの赤ちゃんは生後1ヶ月ごろから顔を中心に湿疹が出ることがよくあるのですが、これはいわゆる乳児湿疹の1つなので心配はいりません。
こまめにお肌のケアをしてあげるとよくなっていくことが多いです。
ぶつぶつのケアや原因などをまとめてみましたので、赤ちゃんの耳のぶつぶつにお悩みのママの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの耳のぶつぶつはなに?

頭皮、Tゾーン、耳元、首、背中、お腹にできるぶつぶつはいわゆる乳児湿疹とよばれるもので、赤ちゃんの肌トラブルによくみられるものの1つです。
脂漏性湿疹ともいわれます。
これらの乳児湿疹の場合はたいてい生後6ヶ月ごろにはおさまってきますので、それほど心配いりません。

赤ちゃんの耳にぶつぶつが出来てしまう原因

生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんのお肌は皮脂の分泌量が多いために湿疹ができやすい状態にあります。
生後すぐの赤ちゃんはお母さんのホルモンの影響を受けているので、皮脂の分泌が盛んにおこなわれているのです。
この皮脂が皮脂腺にたまりぶつぶつの原因になります。
過剰な脂が毛穴につまりニキビになるのと同じですね。

生後3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌量が急激に減ってきますので、今度は皮膚の乾燥により湿疹ができやすくなります。
赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで弱いので、乾燥することによりお肌のバリア機能が低下し外気からのウィルスや刺激からお肌を守ることができずに湿疹となることになります。


スポンサーリンク

赤ちゃんの耳のブツブツのケア

赤ちゃんのお肌は清潔にたもつようにしてあげてください。
毎日お風呂にいれてあげて赤ちゃん用のベビーソープで洗ってあげてください。
あまりごしごしこすらずに優しく泡でなでるように。
耳の後ろやしわになっている部分も忘れずに洗ってあげてくださいね。
保湿も忘れずにおこなってください。
ベビーローションを使ってお風呂上りにはとくに念入りに保湿ケアをしてあげてください。
お風呂のあとは肌がやわらかくなっているので保湿剤が浸透しやすい状態になっていますので。
汗をふいてあげたあとなどにも保湿してあげてください。

さいごに

赤ちゃんのお肌はすべすべのたまご肌だといわれますが、じつはトラブルがつきものです。
やわらかくてすべすべのお肌を保つためにしっかりとケアをしてあげてくださいね。
生後6ヶ月を過ぎても湿疹が治らない場合はアトピー性皮膚炎の可能性も考えられますので、湿疹ができたら定期的に病院で診てもらうのをおすすめします。

スポンサーリンク