赤ちゃんの頭の洗い方はどうしたらいい?流し方と洗った後のケアは?

赤ちゃんとのお風呂の時間は、
親子の大切なスキンシップの時間ですよね。

楽しくお風呂に入れたらいいですが、
中にはお風呂は好きだけど、
頭を洗うのが嫌いな子も多いです。

うちの子も、お風呂自体は大好き!
ですが、頭を洗うのはあまり好きではないみたいで・・・
頭を洗っていると、手で払いのけられます(悲)

初めての育児だと、
どうやって洗ったらいいか?
洗った後のケアはしたほうがいいのか?
疑問だらけですよね。

赤ちゃんは、一度嫌な思いをすると
その後も結構覚えていて、
お風呂自体が嫌な場所となりかねません。

そこで今回は、
赤ちゃんの頭の洗い方、流し方、
洗った後のケア方法などをご紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭の洗い方はどうしたらいい?

首がすわる前の赤ちゃんは、
しっかり首を支えながら洗っていきます。

片手が使えない状態になるので、
シャンプーをあらかじめ泡だてておくか、
最初から泡で出てくるものを使いましょう。

まずはガーゼなどを使い、
頭全体をしっかり濡らしましょう。

そして泡を頭にのせ、
優しくクルクルと洗っていきます。

あまり力を入れずに、
泡を滑らせるような感じで
全体を洗います。

最初はざっくりと、
後頭部から頭のてっぺんまで洗います。

あとは前髪の生え際やこめかみ、
耳の後ろなんかも丁寧に洗っていきましょう。

首がすわるとバスチェアを使用することができます。
リクライニングができるバスチェアを、
一番下にしてから赤ちゃんを座らせて洗います。
(寝かせる状態に近いですね)

ひとり座りができるようになれば、
洗い場にマットなどを敷いて
座らせて洗うことができます。

洗い方は今までと同じで、
ガーゼなどで頭全体を濡らしてから、
泡を使ってクルクルと優しく洗っていきましょう。

お座りができるようになった後でも
バスチェアを使ってもいいですし、
膝の上に仰向けに寝かせて洗ってもいいですね。

歩けるようになると、
お風呂でもじっとしていません。

うちの子も、洗いながらふらふら歩きまわるので、
とにかくパパパっと済ませるのがコツですよ!

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭を洗う時の流し方

色々なやり方があると思いますが、
今回は4つご紹介します。

① ガーゼなどを使い、顔にお湯がかからないように少しずつ拭きあげる
② シャンプーハットをつけて、頭からお湯をかける
③ 何もつけず、頭からお湯をかける
④ 膝の上に仰向けに寝かせて、お湯をかける

これが正しい!
という方法はないので、
その子に合ったやり方で流してあげましょう。

一番楽なのは、③の頭からお湯をかける方法ですよね。
赤ちゃんは、産まれる前は羊水の中にいたので、
頭からお湯をかけても大丈夫だと言われています。

ちなみにうちの子は
2歳で①のガーゼで拭きあげる方法です。

その理由は、
髪がとっても少なくて短いので
ガーゼで拭きあげるだけで十分泡が落ちるからです。

以前3日間くらい
頭からお湯をかけて流してみたのですが、
やっぱり断念しました。
「頭からざばーんするよ」と声をかけると、
逃げ惑うようになってしまったからです。

お風呂は大好きなので、
嫌なイメージを持って欲しくなかったので。

髪が長い、または量が多い場合、
流し残しがあるといけないので、
お湯をかけて流す方法をお勧めします。

赤ちゃんの頭を洗った後のケア方法は?

赤ちゃんは肌が弱く、刺激にも敏感です。
そして頭皮もとってもデリケートなんです。

白いフケが出てしまったり、
赤くなってしまったり、
トラブルになりやすいです。

入浴後には、
ベタつきの少ない保湿剤で
頭皮をケアすることをお勧めします。

全身に使用できる
赤ちゃん用保湿剤が便利ですよ!

「乳液タイプ」でしたら、
サラサラとした使い心地で保湿効果も高いので、
乾燥しやすい赤ちゃんの頭皮にもお勧めです。

さいごに

お風呂の時間は、
親子のコミュニケーションが取れる
大切な時間ですよね。

あまり神経質にならず、
楽しく洗うのが一番です。

好きなおもちゃで一緒に遊びながら、
1日の出来事などを楽しくお話ししながら、
スピーディーに洗髪できるといいですね!

スポンサーリンク