赤ちゃんの鼻水を口で吸うのは大丈夫?詳しい方法と注意点の紹介

赤ちゃんの鼻水が出ているのとママはとっても心配ですよね。
自分でうまくティッシュでお鼻をかむこともできないし・・・。
ママがふいてあげてもすぐでてきちゃうし・・・。
お鼻が詰まっていると苦しそうで、夜もよく眠れないみたいだし・・・。
病院でもらってきたお薬を飲ませてよくなったと思っても、またすぐにぶり返すし・・・。

そんな時、母親から「赤ちゃんの鼻水を吸ってあげたらいいよ」と言われた人もいるんじゃないでしょうか?
私も言われたことがありました。
でも吸うってどうやって?直接?
もちろんやったことなんてなかったしよくわかりませんでした。
なので、赤ちゃんの鼻水を吸ってとってあげる方法等をいろいろとまとめてみました。
お役に立てばうれしいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水を口で吸うのは大丈夫?

赤ちゃんの鼻水が出るのは、まだ鼻が小さくて粘膜も敏感なため気温や湿度の変化に敏感に反応して出ている場合と、ウィルスや細菌に感染して出ている場合があります。
ウィルスや細菌に感染して出ている場合には体の防御反応で鼻水が出ているので、薬で止めるのはあまりよくないのです。
でも鼻水をほうっておいて出たままにしておくと、鼻の奥から耳や喉にまでいってしまい、鼻水にウィルスがいた場合は副鼻腔炎や中耳炎を引き起こすこともあります。
ですので赤ちゃんが鼻水で苦しそうにしていたら鼻水を吸ってあげることはとても大事なのです。
ママやパパが直接口で鼻水を吸ってあげても大丈夫ですが、ウィルスや細菌に感染した場合の鼻水だと、吸ってあげたママやパパが感染してしまうこともありますので、鼻水を吸う器具がない場合などにしたほうがいいです。

赤ちゃんの鼻水を口で吸う方法

赤ちゃんの鼻水を口で直接吸う場合の方法はとっても簡単です。
まず赤ちゃんの鼻の吸わないほうの鼻の穴を指で押さえて、もう片方の鼻の穴に口をつけて鼻水を吸いだします。
赤ちゃんがいやがって暴れて動いてしまうことがありますので、その場合は可哀想ですが動かないように体を押さえつけてください。
とっても簡単な方法ですが、鼻水を吸い取ったあとには必ずうがいをしてくださいね。


スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水を口で吸う時の注意点

昔は「赤ちゃんの鼻水は母親が直接口で吸い取ってあげるもの」といわれていたようですが、今はウィルスや細菌の感染などの心配がありますのでNGとされています。
また、片方の鼻の穴をふさいだ状態でもう片方の鼻の穴を吸う時、あまり思い切り吸いすぎると赤ちゃんの鼓膜が破れてしまうおそれもありますので注意しなければいけません。
どうしても奥のほうの鼻水が吸いきれない場合など思い切り吸い出したいときには、必ず片方の鼻の穴はふさがない状態で行ってくださいね。

赤ちゃんの鼻水対策として、自宅で鼻水を吸い取る器具もいろいろとありますので、自宅に1つ用意しておくと安心だと思います。
そういった器具がない場合には直接口で吸い取ってあげるのも必要になってきますが、自宅にあるもので器具の代用ができるものもありますのでご紹介します。

・2枚に重なっているティッシュを1枚にします。
ティッシュの表裏を反対にして細く折りたたみます(赤ちゃんの鼻の幅よりも少し大きくして下さいね。)
人差し指で赤ちゃんの鼻の下にあてながら鼻水を吸い込ませます。
鼻水がしみこんできたらティッシュの先をゆっくりと下に引きます。
下に引いたティッシュに鼻水がくっついて、奥のほうにある鼻水まですーっと引き出す ことができますよ。

さいごに

赤ちゃんが鼻水で苦しそうにしていると可哀想でいっこくも早くなんとかしてあげたいと思いますよね。
病院にいくと鼻水の吸引をしてくれますし、午前中に吸引してもらいまた午後にも吸引してもらう、なんてママもいますので、「鼻水ぐらいで病院なんて行きにくい」と考えてるママも、鼻水ぐらいなんて思わずに病院で吸引してもらって大丈夫ですよ。
病院があいていない、吸引の器具がない、という場合には口で直接吸い出してあげるのも1つの方法だと思いますのでやり方を覚えておくのもいいと思います。
ただその場合には、赤ちゃんの鼓膜が破れてしまうおそれがありますので、くれぐれも思い切り吸い出すときには赤ちゃんの鼻の穴をふさがないでやってくださいね。

赤ちゃんの鼻水の色が透明な場合はあまり心配ないようですが、黄色っぽいときにはウィルスや細菌に感染している場合がありますので迷わず病院を受診して診てもらってくださいね。

スポンサーリンク