双子の育児に疲れた時のリフレッシュ方法は?楽しみ方と乗り越えるコツは?

「二人まとめて育てられるから楽ねぇ。」

年配の育児経験者からこんな風に言われたことがあります。

双子育児あるあるかもしれませんね。

「そうですね。」と言ってその場は去りますが、「何言ってん
だ?」と心底イラッとします(笑)

まとめて育てることがどれ程難しいことか、実際経験しない
とわかりません。

双子の場合は妊娠中から大変で、お腹はあっという間に大き
くなります。
安定期なんてありません。

出産するまでにも単胎児以上に多くのリスクがあります。

無事出産したら、今度は育児で睡眠不足の毎日。
授乳、おむつ替え、お風呂、寝かしつけ、夜泣き・・・。
自分の食事や入浴は、ぱぱっと終わらせる。トイレへの往復
はダッシュ・・・。
散歩のために外出するだけでも重労働です。

一日中子どもたちにかかりっきりの状態で、自分のことは二
の次です。

体力には自信がありましたが、それでも毎晩どっと疲れが出
ていました。

今となっては、もう少し肩の力を抜いていればよかったと感
じます。

そこで、私の体験をもとに、双子育児に疲れたときにどう乗
り切ったかなどをまとめてみましたので、良ければ参考にし
てみてください。

スポンサーリンク

双子の育児に疲れた時のリフレッシュ方法は?

育児や家事に追われる毎日ですが、そんなときこそ気分転換
は必要です!

疲れたと思った時に短くても自分の時間がとれればいいです
が、なかなかとれないのが現実です。

「子どもはみておくから、ちょっと出かけてきたら?」なん
て言ってくれる旦那さんがいればいいですが、そんな心優し
い旦那さんはかなりレアでしょうね。

旦那さんからの言葉は待たずに自分から休みを申し出ましょ
う。

できれば一日ぐらいまとめて育児休みするのが理想です。

育児中は外出がままならずストレスがたまっているママが多
いと思います。
おいしいものを食べたり、ショッピングをしたり、自分のや
りたいことができる日があるだけで全然違います。

少ししか時間がとれなくても、ちょっと散歩するだけでもか
なり気分転換になりますよ。

スポンサーリンク

私の場合は、一歳になってから何度か一時預かり保育を利用
しました。
慣れない場所に連れていくのは不安でしたが、預けて良かっ
たです。0歳のときでもお願いすれば良かったと思います。
旦那にお願いするよりも安心感がありました(笑)
保育園によって受け付けているところがありますので、そう
いったサービスを利用してもいいと思います。
是非検討してみてください。

双子の育児の楽しみ方

大変さは違えども、育児はこれからも続きます。
毎日頑張り続けていたら、心も体も疲れてしまいます。

でも、そんな毎日の中でも楽しいひと時がありませんか?

それは、子どもたちとのスキンシップです。

スキンシップの時間は子どもにとってはもちろんですが、
親にとっても必要です。

その点、私は世話を真面目にやりすぎて、スキンシップの
時間が少なかったと感じています。

子どもの世話は、時には手抜きも必要です。

家中散らかっていても気にしない。
赤ちゃんの周りさえ清潔にしておけば大丈夫です。

お風呂にいれない日があってもいい。
二人をお風呂にいれるのも重労働ですよね。お湯で絞った
タオルで体を拭くだけの日があってもいいです。

絶対にやらないといけないこと以外はいかに楽をするかで
す。

子どもとより多く触れ合って、自分自身も楽しみましょう。

双子の育児で疲れたと感じた時の乗り越えるコツは?

私自身、育児に疲れて何度もつらいと思いました。

そんなとき、私の支えになった言葉があります。

「双子の子は、双子をちゃんと育てられるパパママのところ
にしか来ない」

出産前に、ある看護師さんから言われました。

二人が私を選んでくれたということ。

私は二人をちゃんと育てられる、という自信にもなりました。

つらいときにはその言葉を思い出して、つらさも乗り越えら
れました。

それに、疲れていても子どもたちの寝顔や笑顔を見ると癒さ
れます。
また明日も頑張ろうと思える力になります。

そして、同じように双子を抱え、悩みながらも乗り越えてい
る仲間がたくさんいます。

さいごに

乗り越えられない壁はない、と自分自身を鼓舞しましょう!

とはいえ、疲れが重なってしまうと、体調を崩してしまいか
ねません。
どうしても子どものことばかりで自分自身の健康はおろそか
になってしまいがちですからね。
体に気をつけて、時には息抜きして、決して頑張らないでく
ださいね。

スポンサーリンク