赤ちゃんが歩く練習はいつから始める?歩き始めの前兆と注意点は?

赤ちゃんがつかまり立ちを始めると
そろそろ歩く練習を始めようか考えますよね。

でもいつから練習したらいいの?
練習方法は?
注意点は?

など、わからないことがたくさん出てきますね。

つかまり立ちを始めると
あっという間に歩き出す赤ちゃんもいますし、
なかなか歩き始めない赤ちゃんもいます。

うちの子は他の子より歩き始めるのが遅い・・・
同じくらいの月齢の子がもう歩いている・・・
そんな心配を抱えるママも多いですよね。

私の子も歩き始めるのが遅くて、
この子大丈夫かしら?と不安になりました。

そこで今回は、赤ちゃんが歩く練習はいつから始めるのが正解なのか、
歩き始めの前兆と注意点などをお伝えします!

スポンサーリンク

赤ちゃんが歩く練習はいつから始める?

赤ちゃんは、ズリバイやハイハイをたくさんして
日々筋力を鍛えています。

ですので、歩くための特別な練習は
実は必要ありません。

とはいえ、ママとの遊びの中で
少しでも歩く練習に繋がったら嬉しいですよね!

「ハイハイからつかまり立ちを始めたら」
歩く練習になるような遊びを
取り入れてみましょう。

歩く練習になる遊びをいくつかご紹介します。

1、つかまり立ち中、少し離れて「おいで」の声かけをする

つかまり立ちをしていたら、
少し離れたところから「おいで」と声をかけてみてください。

大好きなおもちゃを見せるのもいいです。

そうすると赤ちゃんは
ママのところに行きたい、
おもちゃが欲しい、
という気持ちから、1歩が踏み出せるかもしれません。

2、親子で一緒にペンギン歩き

赤ちゃんの脇をしっかりと持ち、
ママの足の甲に赤ちゃんの足を乗せて、
一緒にゆっくり歩いてみましょう。

右足を出して、次は左足を出して
歩く感覚をつかませます。

3、手押し車で遊ぶ

手押し車でたくさん歩くことで、
赤ちゃんの足腰の筋力がつき、
またバランス感覚も鍛えられます。

歩き始めるサポートになりますよ。

手押し車には、
赤ちゃんが喜ぶ工夫がたくさんしてあります。

押して歩くと音がしたり、
可愛いキャラクターが動いたりするものもあり、
赤ちゃんにとって良い刺激となります。

また、手押し車がなくても
赤ちゃん用の小さい椅子なんかでも
代用できますよ!

ちなみにうちの子は、手押し車も持っていたのに、
椅子を押して歩いて遊んでいました。
(必ず近くでみていてくださいね!)

赤ちゃんが歩き始める時期は、
だいたい平均して1歳前後です。

つかまり立ちや伝い歩きが
1歳ごろまでにできていれば、
1歳半ごろまでには歩けるようになるでしょう。

ただ、
10ヶ月には歩けるようになる子もいれば、
1歳半過ぎても歩かない子もいます。

赤ちゃんによって個人差が大きいので、
自分の子のペースで大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

赤ちゃんの歩き始めの前兆

赤ちゃんはいくつかの成長段階を経て
歩き始めるようになります。

待ちに待った初めての1歩を見逃さないよう、
歩き始めの前兆をまとめました。

1、つかまり立ちが上手にできる
最初は体全体を使ってやっと立っている感じだったのが、
徐々に両手を使って支えられるようになり安定してきます。

2、 伝い歩きが上手にできる

3、手を離して一人で「たっち」ができる
おもちゃを取ろうとしたり、両手で拍手をしたりして
どこかに捕まらなくても立てるようになります。

上の3点ができるようになると、
もう歩き始めるサインです!

赤ちゃんが初めての1歩を踏み出す瞬間はもうすぐですよ。

赤ちゃんの歩き始めの注意点

赤ちゃんが歩き始めた瞬間は、
その成長した姿に感動ですよね!

でも赤ちゃんが歩き始めると
グンと行動範囲が広がり危険もたくさん!

未然に防げる事故もあるので、
まずは家の中をもう一度確認しましょう。

● お風呂
お湯を入れっぱなしにしていませんか?
お湯が入っていると、誤って溺れる危険があります。
命の危険があるので、本当に気をつけてください。

●キッチン
包丁やキッチンバサミは手の届く範囲においてないですか?
鍋の取っ手が下から見える状態で置いていませんか?
赤ちゃんは、好奇心で一生懸命手を伸ばして
手当たり次第取ろうとします。

できれば、キッチンには入れないよう
ゲートをしておくと安心です。

● ベランダ
踏み台になるようなものを置いていませんか?
誤って柵を越えて、落下する危険があります。

できれば、ベランダには出れないように
窓にはロックをかけると安心です。

● 低いテーブルや棚の上
ハサミ、ペンなど鋭利なものを置いていませんか?
手の届かないところにしまいましょう。

● 床全体
なるべく床には物を置かないようにしましょう。
細かいものを飲み込んで窒息事故を起こしたり、
紙一枚でも滑って転んだりします。

また、スーパーや公園など外出時は
さらに危険がいっぱいです!

私の子もとても活発で好奇心旺盛なので、
一瞬商品に気を取られている間に
パッといなくなることが多々あります。

商品棚がたくさん陳列されているお店だと
本当にすぐ見失います。

気の緩みが思わぬ事故を招きかねないので、
目を離さないよう注意しましょう。

さいごに

赤ちゃんによって歩き始める時期には
個人差があります!

早い方がいいとか、遅いとダメということは
ないので、ゆっくり我が子の成長を見守ってくださいね!

歩く練習も、遊びの中で楽しくやってみてください。

赤ちゃんが歩き始めたばかりの頃は
よちよち歩きが本当に可愛いです。

でもそんなよちよちの時期もあっという間で、
すぐに走り回るようになりますよ。

ママも体力をつけて、
お散歩や外での遊びを一緒に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク