赤ちゃんが頭をぶつけた時に病院に連れて行く目安は?注意点と対処法は?

もしも赤ちゃんが頭をぶつけたら、
このまま様子をみるべきか、それとも病院に連れて行くべきか、
とっても悩みますよね。

まだ頭蓋骨が柔らかく、脳も発達途中の赤ちゃん。

頭をぶつけたことで
知能の発達に影響はないか?
後遺症が残るのではないか?
目に見えない異常はないか?

など不安になり、
慌ててとにかく病院へ連れて行こうと
考えるママも多いのではないでしょうか。

でもそんな時こそ、まずは慌てず落ち着いてください。
そして、赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

出血はないか、
コブになっていないか、
様子はおかしくないか、
まずはよく観察してください。

赤ちゃんは頭が大きく、
だいたい4等身くらいです。

やっとお座りが出来るようになった頃や
つかまり立ちをし始めた頃、
一人で歩き始めた頃など、
体のバランスが取れずに転びやすいです。

赤ちゃんが頭をぶつけた時の症状と対処法は
できれば事前に知っておきたいですね。

私の子も何度頭をぶつけたか
本当に数え切れません。

転んで机に頭をぶつけたり、
ソファで遊んでいて落ちて頭を打ったり・・・

その度に心配でドキドキしていました。

そこで今回、
病院へ連れて行く目安、注意点、対処法などをお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんが頭をぶつけた時に病院に行く目安は?

まず最初に確認することは「意識の確認」です。

頭をぶつけた場合はすぐに大声で泣くことがほとんどですが、
全く泣かずに、ぼーっとしている場合はすぐに病院へ!

その他、病院に行く目安をまとめました。

・ 元気が無くぼーっとしている。
・ すぐに眠ってしまい、様子がおかしい。
・ 嘔吐がある、吐き気で食事ができない。
・ 痙攣やひきつけ、しびれがある。
・ 耳や鼻から血が出ている。

以上のような症状がある場合は
迷わずすぐに病院へ連れて行きましょう!

スポンサーリンク

ここに書いたこと以外にも、
気になることがあれば
もちろんすぐに病院へ行ってくださいね。

赤ちゃんが頭をぶつけた時の注意点

頭をぶつけて大泣きした後、
すぐに泣き止みいつも通りの様子であれば
自宅にて経過観察で大丈夫でしょう。

しかし、子供が頭をぶつけた場合
見た目には怪我がなくても、
すぐには症状が出ない、ということも多いです。

ですので、
最低6〜12時間くらいは注意深く様子をみましょう。
(24時間経てばひとまず安心)

病院の診察を受けた場合でも
後から症状が出てくることもあります。
しばらくは自宅で安静にし、様子をしっかり確認しながら過ごしましょう。

頭をぶつけた当日の
お風呂もやめておきましょう。

また、頭をぶつけてから10日間くらいは
稀に症状が出る場合もあります。

いつも以上に
注意深く様子を見守ってくださいね。

赤ちゃんが頭をぶつけた時の対処法は?

擦り傷など軽い出血がある場合、
きれいなガーゼやタオルで傷口を押さえて
出血を止めます。

コブができた場合、
保冷剤をタオルに包んで冷やします。

保冷剤などがなければ
冷たいタオルで冷やしてあげましょう。

さいごに

赤ちゃんが頭をぶつけた場合は、
まずは慌てず落ち着いて「意識の確認」を!

それから出血やコブがないか、
怪我の有無を確認しましょう。

何も怪我がなく、すぐに泣き止んだ場合でも
しばらくはいつもと違う様子がないか
注意深く様子をみてあげましょう。

いつもより元気が無い、ぼーっとしている、
吐き気や嘔吐がある、痙攣や引きつけがある、
鼻や耳から出血がある、
こんな場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

赤ちゃんは、転んだり、角に頭をぶつけたり、椅子から落ちたり…
親がちゃんとみていても、
思わぬところで怪我をします。

なるべく事前に
一般的な対処法を頭に入れておくと安心ですね。

スポンサーリンク