双子の子どもの寝かしつけるコツは?楽しくする方法とぐずった時の対処法は?

双子を子育て中の皆さま、毎日お疲れ様です。

私の双子の子どもは現在3歳になり、寝かしつけはかなり楽になり
ました。私を真ん中に挟んで二人が寝ていますが、右を見ても左を
見ても寝顔で癒される贅沢な時間です。

そんな子どもたちも0歳~1歳ぐらいの時はもうカオス状態でした。
抱っこでやっと寝てくれても、布団の上に寝かせたとたんに泣き出
す、そしてまた抱っこ、その繰り返しでした。
よく赤ちゃんの背中にはスイッチがあると表現されますが、まさに
その通りです。
一人でも十分大変な寝かしつけです。双子だとその2倍も3倍も大
変ですよね。
「誰か助けてー」と心の中で何度叫んだかわかりません。

何かいい方法はないかと悩んでいる方が多いと思います。

双子の子どもを寝かしつけるのにコツってあるのでしょうか?

双子の子どもの寝かしつけるコツは?

ママが休む時間を確保するためにも、双子は同時に寝かしつけした
方が良いでしょう。

私の場合、生後1カ月半ぐらいまでは欲しがったらすぐに授乳して
いたので、当然、寝る時間も起きる時間もすべてバラバラでした。
その結果私はまともに眠れず、この状態はいつまで続くんだろうか
と悩んで色々と調べました。

そして、辿り着いた答えが「二人の生活リズムを同じにする」とい
うことです。

生活リズムを同じにするというのは、主に起きる、寝る、授乳のタ
イミングを一緒にするということです。
起きる時間と授乳の時間を同じにすれば、眠くなる時間も大体同じ
になってくるというわけです。

そんな上手くいくものかと半信半疑でしたが、驚くことに徐々にタ
イミングが同じぐらいになってきました。
まだ、生活リズムが同じでなければ是非試してみてください。

双子の子どもの寝かしつけを楽しくする方法

生活リズムが同じになったとはいえ、なかなか寝てくれないことも
多々あります。
寝かしつけに良さそうな育児グッズがたくさん売られているので、
そういったものを利用して、ママの負担が少しでも減ったらいいで
すよね。

ただ、我が家の双子は、おしゃぶり、胎内音に似た音がでるぬいぐ
るみ、バウンサーなどさまざまな育児グッズを買って試しましたが、
結果すべて効果はありませんでした。

楽に寝かしつけできたらいいと思っていましたが、そんなに甘くは
なかったです(笑)

そう、何をしても寝ない時は寝ないのです!

スポンサーリンク

寝ない時は諦めて、とことん子どもに付き合ってみませんか?
寝かせなければと焦るあまりイライラしてしまうと、それが赤ちゃ
んにも伝わってしまいます。
諦めてしまえば気持ちは楽になるものです。
部屋を変えておもちゃで遊ばせたり絵本を読んだりすると、赤ちゃ
んも気分転換になるかもしれません。
そんなことをしているうちにだんだんウトウトとしてきますよ。

少しママに余裕が出てきたら、入眠儀式を取り入れてみるのも良い
と思います。
寝る前に必ずすることを決めてそれを毎日続けていると、そのうち
効果が出てきますよ。
お気に入りの絵本でも歌でもいいでしょう。
ぬいぐるみや人形に「おやすみ」を言うのを入眠儀式にしているお
子さんもいます。
我が家では、寝る前に「おはなし」をしています。
今日あったことや明日やりたいことなど、少し声を抑えてゆっくり
としたペースで話すのがポイントです。

お子さんにあった入眠儀式を取り入れて、楽しく寝かしつけできた
らいいですよね!

双子の子どもが両方ぐずった時の対処法は?

双子育児で最も避けたいと思うのは、二人同時にぐずることです。

今思えば、そうなることをどこか恐れていて、一人が泣いたらすぐ
に抱っこしたりしてあやしていたかもしれません。

どなたか頼める人がいれば遠慮せずに頼むべきです。

ただ、私自身そうでしたが、いわゆるワンオペ育児の場合、一人で
乗り切るのはとても難しいです。
二人同時に泣きやませようとおんぶと抱っこであやすこともよくあ
りました。でも、結局下ろすと泣いてしまうんです。
なので、私は一人を完全に落ち着かせてから、もう一人をあやすよ
うにしていました。
それも最初にぐずり出した子から先に落ち着かせてみてください。
後から泣き出した子は案外つられて泣いているだけという時もあり
ます。

それでもだめなら、そもそも一人で二人を泣きやませるのは無理だ
と開き直りましょう。
少しぐらい泣かせておいてもいいんです。
私は、もうお手上げだと思ったら、別の部屋に行って深呼吸をして
自分を落ち着かせていました。

毎日イライラが続くと寝かしつけが苦痛になってしまいます。
いつかは寝るだろうと気楽に構えてみましょう。
一人でなんとかしようと頑張りすぎないでくださいね。
赤ちゃんもママがいつも元気で笑顔でいてほしいと思っているはず
です。

スポンサーリンク