赤ちゃんの歩く靴のサイズの選び方は?サイズアップのタイミングと注意点は?

つかまり立ちをはじめ、もうすぐ歩き出しそうな赤ちゃん。
成長の早さに驚きつつも嬉しいことですね!

そろそろ靴を用意しなければと、早速足のサイズを測ってネット
ショップで購入しようと考えている方がいらっしゃるかもしれま
せんね。

でも、焦って買ってしまうと靴選びに失敗してしまう可能性があ
ります!

大人と違って、赤ちゃんの靴選びは慎重でなければなりません。

なぜなら、赤ちゃんの骨はまだやわらかく、靴の影響を受けやす
いのです。

まずは焦らず、歩く前に購入するのは避けた方が無難です。
靴を履くのは一人で5~10歩ぐらい歩くようになってから、とい
うのが一つの目安とされています。
早く購入しすぎると、ほとんど歩く機会がないまま、あっという
間にサイズアウトしていまいます。
赤ちゃんの靴はサイズアウトが早く、履く期間が短い割に価格も
決して安くはありません。
せっかくなら赤ちゃんにピッタリな靴を選んであげたいですよね!

というわけで、

靴のサイズの選び方は?
サイズアップのタイミングは?
靴選びの注意点は?
そんな疑問を中心に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歩く靴のサイズの選び方は?

足に合わない靴を履くと、足はもちろんのこと、膝や腰に負担が
かかったり、内臓の働きにまで影響を与えることがあります。

「どうせすぐに小さくなるから」と大きめのサイズを選んでしま
ったり、靴が小さくなっているのに気付かず放置していると、足
の発達を妨げてしまいます。
また、サイズが合っていないと動きにくくなるため、子どもが歩
くことを嫌がり、心身の発達にも悪影響を及ぼします。

靴のサイズがいかに重要か、ということです。

ただ、一口にサイズといっても、足の長ささえ測れば十分という
わけではありません。
大人でも、いつも履いているサイズで買ったら幅が少しキツかっ
たなんてことがありますよね?
ブランドによって、サイズ表示が同じでも大きさは微妙に異なり
ます。
幅が太めか細めか、甲は高めか低めか、そういった部分も含めて
測ってはじめてぴったりな靴を探すことができるのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの足の特徴を知っておくことが必要ということです。

特徴を知っておくという意味でも、できれば、一度店舗へ出向き、
サイズを測ってもらった上で購入することをおすすめします。店
舗によっては「シューフィッター」と呼ばれる方がいますので、
プロに測ってもらうのが確実です。

どうしても店舗に行けない場合は、ブランドのサイト上に、足の
サイズを計測するシートがありますので、そちらをプリントアウ
トして利用してみましょう。

ブランドにもよりますが、実際の足の長さより5ミリ大きいサイズ
を選ぶのが一般的です。
靴下分を含め、足先には少しゆとりがある方がベストです。

赤ちゃんの歩く靴のサイズアップのタイミング

子どもの足の成長は著しく、3歳くらいまでは平均で半年に0.5
~1cm程成長するそうです。
足が痛いなど子どもがサインを出してくれると、親としてはサイ
ズアップのタイミングに気づきやすいですね。
でも、まだ小さいうちは、靴がきつくても自分から言うことはほ
とんどありません。

そのため、最低でも3か月おきに定期的にサイズを確認すること
をおすすめします。

もしサイズアップのタイミングを逃してしまうと、靴ずれしてし
まったり、歩き方が不自然になってしまったり、足が変形してし
まうこともあります。
そうならないように、日頃から子どもが歩いている時の様子をチ
ェックしておくと良いでしょう。

赤ちゃんの歩く靴選びの時の注意点は?

ここまで、赤ちゃんの靴は足の形に合ったものを選ばないと体に
さまざまな影響が出てくることをご紹介してきましたが、サイズ
の他にも、靴を選ぶ際に注意するポイントがいくつかあります。

・靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるか
・ソールはクッション性があるか
・通気性が高いか
・履き口が広く履かせやすいか

これらのポイントを押さえて選んでみてください。
大事なのはデザイン性より機能性です!

さいごに

いかがでしたか?
昔に比べて、移動手段が発達し歩く機会が減っていることもあり、
足裏に土踏まずのない子どもが増えているそうです。
お子さんにぴったりの靴を選んで、小さなうちから外でたくさん
遊ぶ習慣をつけておきましょう。

スポンサーリンク