赤ちゃんが歩く時は靴下を履かせた方がいい?タイミングと選び方は?

赤ちゃんの靴下って小さくて本当にかわいいですよね!
あまりにもかわいいので、私は子どもがお宮参りの時に初めて
履いた靴下を大事にとってあります(笑)

私の子どもたちは室内では裸足で過ごしていましたが、外出時
は靴下を履かせて、さらに冬は防寒用のベビーケープで足先ま
で覆っていました。
そんなある日、小児クリニックの先生が「寒くても靴下は必要
ないよ」と一言。
とても衝撃でした。
なぜなら、靴下を履いていても赤ちゃんの足って本当に冷たく
なるんです。
服は大人より一枚薄着ぐらいがちょうどいいというのは聞いた
ことがありましたが、大人にとっては寒い日に靴下を履かない
という選択肢はありませんよね?

そうかと思うと、実家の両親は室内でも「寒そうだから靴下履
かせたら?」とすすめてくる。

いったいどちらが正解なのか、判断に迷っている方もいるので
はないでしょうか。

赤ちゃんには靴下を履かせる?履かせない?
履かせるならどのタイミングで履かせた方が良い?
どんな靴下を履かせるのが良い?

そんな疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんが歩く時は靴下を履かせた方がいい?

靴下を履く理由は、足の保温、足元の保護、ファッションとさ
まざまです。

特に赤ちゃんは体温調節のために靴下を履かせるべきではない
という考えがあります。
赤ちゃんは体温調節が未熟なため体に熱がこもりやすく、また、
汗腺の密度が高いために大人に比べて汗っかきです。
体温を下げる必要があるときには、手足の表面から汗をかくこ
とで熱を放出するため、靴下を履かせると、足がふさがれて熱
がこもりやすくなってしまうそうです。

また、裸足で歩くと、足裏にたくさんあるツボを刺激して、脳
の発達に良い影響を及ぼすようです。
裸足保育を実践している保育園があるように、体が丈夫な子に
育つとも言われています。

赤ちゃんは足が冷たくても、顔色が良くて機嫌も良いようであ
ればそれほど気にしなくてもいいようです。
このように足の保温という目的でいえば、赤ちゃんにとって靴
下は重要でないようですが、足元を保護するためには靴下を履
かせた方が良いでしょう。
では、どんな時に靴下を履かせた方が良いのでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんに靴下を履かせるタイミング

室内であれば、まず靴下を履く必要はないでしょう。
特に歩きはじめは、かなり不安定なため靴下を履いて歩くと滑
りやすくむしろ危険です。

赤ちゃんに靴下を履かせた方がいいのは、靴を履いたときで
す。靴下を履くことで靴ずれ防止になりますし、ムレも抑え
てくれます。
その他、靴を履かなくても、足元を保護する意味で靴下を履
いた方がいい場合もあります。
例えば、外出時に抱っこしているとき、ベビーカーに乗せて
いるとき、足をバタつかせた拍子に何かにぶつかるようなこ
ともありえます。

靴下を履かせるか履かせないかは、場面によって使い分けるこ
とが大事なようです。

赤ちゃんが歩く時の靴下の選び方は?

赤ちゃんの靴下はかわいいものばかりで、ついデザインを見て
買ってしまいがちですが、選ぶ際に注意しておきたいポイント
があります。
一つめは靴下のサイズです。
サイズに幅はありますが、ブランドによってサイズ感は違いま
す。サイズを測りその子に合ったものを選びましょう。
二つめは、生地や素材です。
赤ちゃんの肌はデリケートです。肌に直接触れる部分には気を
つけましょう。オススメなのはオーガニックコットンです。
三つめは、通気性の良さです。
体温調節の観点から、厚めの靴下はできるだけ避け通気性の良
いものが望ましいでしょう。
四つめは、滑り止めがついていることです。
特に室内で履く場合は滑り止めがないと危険ですし、靴を履く
場合もずれにくくなります。

以上のポイントを踏まえて、赤ちゃんが快適に過ごせるように、
ぴったりの靴下を選んであげましょう。

さいごに

いかがでしたか?
赤ちゃんの靴下に関する疑問についてここまで紹介してきまし
たが、少しでも育児の参考になれれば嬉しいです。

スポンサーリンク