子供の箸の練習はいつから始める?練習方法とコツは?

子育てをしていると、次から次へと疑問がわいてきます。

子供が自分で手づかみ食べをするようになり、
続いてスプーンやフォークを上手に使えるようになると
次はいよいよ「箸」ですね。

でも実際のところ、いつから練習したらいいのか?
練習方法は?
など、疑問だらけですよね!

今回は、
子供の箸の練習スタート時期と、
練習方法のコツをご紹介します!

スポンサーリンク

子供の箸の練習はいつから始める?

実際のところ、いつから始めるのが正解なのか
明確な決まりはないんです。

子供によって成長速度に個人差があるので
大人がちゃんと見極めてあげる事が大切です。

目安としては、
ご飯をしっかり食べるようになり、
スプーンやフォークを3本指で使えるようになった時。

クレヨンやペンを鉛筆持ち出来るようになった時。

大人の箸に興味を持ち始めた時。

以上を参考に、練習を始めるのがいいでしょう。

だいたい早くて2歳くらいからでしょうか。
子供によって、3歳過ぎてから始めても大丈夫ですよ!

子供の箸の練習方法

まずは、子供用の箸を準備しましょう。

トレーニング用の箸も色々な種類がありますので、
最初だけ使ってみるのもオススメです。

2本の箸がつながっていたり
サポートリングがついていたりするので、
あまりストレスなく始められるかもしれません。

インターネットなどで検索してみてくださいね。

でもこのトレーニング用の箸を
長期間使わない方がいい
という意見もあるので注意が必要です。

なぜなら、
普通の箸に移行した時に
力の入れ具合だったり、箸の動かし方が
わからなくて正しく使えない場合があるからです。

サイズは、親指の先から人差し指の先までの長さの
1. 5倍くらいがちょうどいいですね。

サイズが合っている箸の方が上達するのも早いです。

箸が準備できたら、早速練習を始めてみましょう!

初めは「正しく持つ」練習からスタートです。
機嫌のいい時に少しずつ持たせてみて、
徐々に慣れさせます。

〈箸の正しい持ち方の手順〉
・ 箸を1本の鉛筆のように持ちます。
・ 親指と人差し指の間の空間にもう1本を差し込み、薬指の上にのせます。
・ 下の箸を動かさないようにして、上の箸だけを動かします。

スポンサーリンク

正しい持ち方は以上の3点だけです。
上の箸を動かす練習を繰り返してみましょう。

正しく持てるよになってきたら、
おやつの時間などを使って
食べる練習をしていきましょう。

まずは一口サイズのおにぎり、小さくちぎったパンなど
つまみやすいものから始めるのがオススメです。

子供の箸の練習方法のコツは?

①箸を使っていきなりご飯を食べる練習をしないこと!

子供はお腹が空いてご飯が食べたいのに
うまく食べられなくてイライラしたり、
大人も、箸が上手に出来ない子供を見て
怒ってしまったり…

それでは楽しい食事の時間が台無しです。

食事は楽しくというのが一番大切なので、
箸の練習はまずは食事とは分けましょう。

②最初はつまみやすいものから練習すること!

子供の箸の練習は、焦らずゆっくり進める事が大切です。
まずはつまみやすいものから始め、
「上手に出来た」を繰り返し、自信をつけさせてあげましょう。

③食事の時の練習で、箸がうまく使えなかったらスプーンやフォークにチェンジ!

箸の練習をしているからといって、
スプーンやフォークを使ってはいけないということはありません。

うまくつかめない時や
子供の気分で箸を使いたくない時など、
様子を見てスプーンやフォークを使わせてあげてください。

一番良くないのは、
子供が箸を使うのを嫌いになってしまったり、
食事自体が楽しくないものになってしまうことです。

④上手に出来たらとにかく褒める!

少しでも上手に出来たら、
たくさん褒めてあげてください。

子供は褒められると
より一層やる気を出して練習するようになります。

⑤箸の練習の準備段階で、指先を使う遊びを取り入れる!

紐通し、シール貼り、ブロック、ねんどなど
指先を使う遊びをする事で
箸の練習にも役立ちますよ。

さいごに

箸の練習は、
まわりの子が箸を上手に使っているから
うちの子も練習しなくちゃと焦る必要はありません。

他の子と比べずに
その子の成長に合わせて
練習を始める事が大切です。

始めるのが早過ぎて
癖のある変な持ち方で覚えてしまうと、
それを直す方がよっぽど大変です。

最初は根気がいるかもしれませんが、
子供の成長をゆっくり見守るという気持ちで、
楽しく練習を始めてみましょう。

スポンサーリンク