子供の靴の選び方は?選ぶ時の注意点と手入れの方法は?

子供の足は、すぐに成長します。
あっという間に大きくなってしまうので、「気が付けばサイズが合っていなかった。。。」という経験はありませんか?
また、ピッタリのサイズの靴が売られていなかった場合、「子供の足は、すぐに大きくなるし!少し大きめでも大丈夫かな。」と少し大きめの靴を買ってしまったことはありませんか?
靴は、履ければ良い。と思ってしまいがちですが実は、サイズの合わない靴を履き続ける事はとても危険なのです。
足の形がかわってしまうだけでなく、子供の体にも不調が現れてしまうこともあります。

子供の足の形が変わってしまう前に!今すぐ靴の選び方を見直してみませんか?

ここでは、足の変形による影響から、年齢に合わせた靴の選び方までをご紹介します。

毎日履く靴だからこそ、きちんとした選び方で子供の発育をサポートしましょう。

では早速見てみましょう~^^

スポンサーリンク

子供の靴の選び方は?

・甲の高さ
子供の足に合わせて甲の高さが調節できるものを選びましょう。
マジックテープのタイプが調整が簡単です。
・つま先
子供は足の指で地面をつかむように歩くため、つま先は広く、厚みがあることが大切です!先端には反りがあるとつまずきにくいです。

靴の中で指を自由に動かせることが脚の健康な発達に繋がります。
指を動かすことが不足すると足の指の腱だけでなく、ふくらはぎの筋肉が正しく発達せず、転びやすくなったりすぐ疲れたりする子になる可能性があるのです。

・かかと
子供のかかと部分をしっかり靴で支えることが重要です!
かかと部分はしっかりとホールド感のあるもの、足が動かないようにささえてくれるものを選びましょう。
・靴底
歩くときに、足の指の付け根部分が曲がります。
同じ位置で靴底が曲がるかどうかもチェックしてください。

サイズが大きすぎたり、靴底が厚かったり硬い素材であったりする場合には注意が必要です。
実際に履かせて歩くと良いでしょう。
成長段階の靴選びにも注意が必要 成長段階によっても、注意するポイントは変わってきます。

子供の靴を選ぶ時の注意点

子供の靴を選ぶ場合、年齢によっても様々に変わっていきます。

よちよち歩きの場合

骨の正常な発達、つまずき防止に重点をおいた靴選びをしてください。
立ち姿勢で足にフィットするものを選んでください。
素材はやわらかく足になじむもの、底もかたすぎず靴底の前約3分の1あたりで曲がるものを選びます。
デザインは柔らかい関節を保護するために、足首のくびれまで深さがあること、かかと部分も補強されたものがよいでしょう。
サイズは靴を履いてかかとを合わせて、指先に7~10ミリ程度ゆとりがあるのが適当です。また、親指が反り返る余裕も必要です

とことこ歩き

1歳から2歳にかけて歩き方がかわります。
変化時期は子供によって違います。
とことこ歩きになると運動量も増え、汗をかきやすくなるため通気性、吸湿性の良い素材をえらびます。デザインはきちんとフィットして脱げにくいものを選びます。
サイズは靴にかかとを合わせて履き、つま先に7~10ミリのゆとりが理想。

走り出したら

2歳すぎには年長さんと同じように走っている姿も見られます。
自意識も強くなり何でも自分でやってみたい時期ですから、靴も自分で着脱しやすいものが良いでしょう。
靴がはけたら「じょうずに履けたね」といって、ほめてあげてください。
そしてちゃんと履けているかチェックしてあげましょう。
また機能的な靴を選ぶのはもちろんですが、こまめに洗ってあげることも必要です。

飛び跳ねる
3歳までは柔らかな足ですが4歳~7歳の間に人間の基本的と考えられる動作はほとんどできるようになり、運動量が飛躍的に増え、足の骨も急速に発達します。
土踏まずの形成は、3歳ごろからはじまります。
運動量が激しいので靴が傷みやすくなり、足にも負担がかかってきます。
かかとの痛み、足指の変形、皮膚炎、靴ズレなどのトラブルがでやすくなるので、注意してあげてください。
靴の構造も激しい運動にも対応できるかかとやつま先が保護されたものを選んでください。
また、4歳をすぎると汗をかきやすくなり、靴内の湿度が上がると、雑菌が繁殖しやすくなります。
汗でムレた皮膚は傷つきやすいので、簡単に菌に感染、化膿してしまいます。

素材は通気性のよいものが望ましく、また、前足部や後部に換気孔があいていたり、雑菌の繁殖を押さえた加工をした靴もありますので選ぶ時の参考にしてください。


スポンサーリンク

子供の靴の手入れの方法は?

1.中敷きを確認!サイズUPの目安にもいいですよ!

まず靴を洗う前に、中敷きがある靴は中敷きを外します。
中敷きは靴とは別に洗うようにしています。
水を流しながら柔らかいブラシで軽くこすって洗います。
表地が擦れてしまうことがありますのでゴシゴシ洗わないように注意します。
そして、もし汚れがひどいときは交換のタイミングですので中敷きを交換して下さい。
洗い替え用の中敷きがあると長持ちして良いかもしれません。

また私は中敷きを見て靴のサイズ交換の目安にしています。
中敷きについている指の跡をチェックし、つま先に余裕がなくなった状態ですとそろそろサイズUPかなと考えます。

2.まずは砂や泥を落としましょう!

中敷きを外した後はまず、靴の砂を落とします。
泥が沢山ついている場合は乾燥させ、砂になったところで払って落とします。

この作業は小さなお子さんでもできるかもしれません。
ただ払うときは砂が目に入ってしまうと大変です。
我が家は風が強くない日を選んでやるようにしています。

3.ぬるま湯につけてこすり洗い

砂をしっかり落としてから洗いに入ります。
靴全体をぬるま湯か水に浸して、全体が湿ってきたら洗剤をつけブラシで汚れを洗い落とします。
洗剤や熱湯につけおきするのは色落ちや生地が傷む可能性があるためあまりおすすめできません。
また、マジックテープの部分をゴシゴシこすってしまうと、接着力が悪くなってしまうかもしれません。
私はなるべくマジックテープの部分はあまりゴシゴシやらないようにしています。

素材によってですが、強く洗いすぎて毛羽立ってしまったという失敗も…。
洗う前にはその靴の素材や洗う方法を確認してからにするようにしました。

4.干すときは吊るして干すのが原則!

洗い終わったらしっかりとすすぎ、次は乾燥です。
靴を乾かすときは直射日光は避け、靴の形を整えたら吊るして干すようにしています。

壁などにたてかけて干していましたが、変形してしまったことがありました。

そのため吊るして干してくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

いっぱい遊んでいっぱい汚してきれいに洗おう!
靴の洗い方を知って、便利グッズを駆使すると楽々できてしまいそう。
でも兄弟のいるママさんは1週間に一度何足も何足も洗わなくてはいけなくて大変ですよね…。
そんなときはお子さんに靴の洗い方を教えてあげて一緒にやりましょう♪

一緒にやることでママもお子さんも楽しくできるし、早く終わらせることができるかもしれません。

子供は元気が一番!いっぱい遊んでいっぱい汚してニコニコ笑顔で過ごすのが良いと思いますよ♪

我が家の方法を参考にしてみてくださいね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク