幼稚園の見学はいつからある?見るべき所や選び方のポイントは?

お子さんが2歳ぐらいになると幼稚園選びに向けて
動きだすママも多いでしょう。
そんなときに幼稚園はどんなところか知るために、
まずは見学にいってみようと思うのではないでしょうか。

幼稚園の見学の日程はすでに把握済みというしっかりママや、
そろそろ動きださなきゃと重い腰を上げるママもいるでしょう。

今回は幼稚園の見学はいつからあるのか、見学するにあたって
見るべき所や幼稚園の選び方のポイントについて
ご紹介していきます!

スポンサーリンク

幼稚園の見学はいつからある?

子供の幼稚園を選ぶとき、ママはお子さんにとってよい環境、
我が子にあった幼稚園を選んであげたいと思うのではないでしょうか。

良い幼稚園を選ぶときに大切なのが幼稚園の見学です。
見学をすることによって、幼稚園の特徴やどういった
園長先生なのか、そのもとで働く幼稚園の先生が
どんな保育をしているか様子がだいたいわかります。

幼稚園の見学の時期としては、
夏から秋にかけて見学会もしくは体験入園ができます。

また、幼稚園に問い合わせると
時期に関係なく個別に見学できることもありますので、
気になる幼稚園があれば積極的に問い合わせてみましょう。

幼稚園の見学で見るべき所

次は幼稚園の見学で確かめてみたい所を考えてみましょう。
中身が伴っていない幼稚園は、どんなに施設がよくて充実していても、
子供にとって十分な教育はできません。
そのためには子供を保育する人の人柄をよく見てみることが大切です。

園長によって園の方針が決まりますので園長が話をするときは
しっかり内容を聞きましょう。
わずかでもしっくりしない感じがするなら
ミスマッチな園なのかもしれません。

また、その元で働く幼稚園の先生や職員の対応も
よくみてみましょう。

まず、園児や保護者に対して
きちんとしたあいさつができているかということを
みてみましょう。

気持ちの良い朝の挨拶をしてくれる幼稚園は
朝の取り掛かりとしても非常によく、子供が安心して
通える幼稚園でもあります。

気持ちの良い挨拶のできる先生に囲まれている子供は
礼儀を学ぶことができ、よい模範にもなります。

私も子供を毎朝幼稚園に送り届けていますが、先生や職員の人達が
子供と保護者の私に対していつも気持ちの良い挨拶をしてくれます。
そのため信頼して子どもを園に預けることができています。

気持ちのよい挨拶ができる先生は、
もちろん子供からも好かれています。

また、先生が子供にどのように接しているかということも
チェックしましょう。
きちんと子供と目線を合わせているかどうか、
頭ごなしに怒っていないかなどもよくみてみましょう。

見学会や体験入園ではどうしても先生方も、普段とは違う
よそいきの態度になるかもしれませんが、子供の目線に立って
接しているのかをよく注意して観察してみてください。


スポンサーリンク

幼稚園の選び方のポイントは?

各家庭で幼稚園に求める物の優先順位が違うので、
どの選び方が正しいとははっきりとは言えませんが、
その中でも幼稚園の選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

まずは子供が楽しく過ごすことができそうな
幼稚園を選びましょう。
一日体験入園や園開放などに参加したときに、一番子供が
楽しそうにしていた幼稚園を選ぶというのもよいでしょう。

また、大規模か小規模かということも選ぶ基準のポイントです。
大規模幼稚園は設備が充実していたり、体操教室などの園内の
習い事が充実していたりします。

小規模なら子供に対して教師の目が行き渡りやすく、連携が
とりやすいという利点があります。

小学校入学に焦点を定めるなら、学区内にある
幼稚園を選ぶとよいですね。

幼稚園からそのまま小学校にあがる子供も多いので
知り合いが多く安心する子供も多いでしょう。

幼稚園に通うということはお弁当作りが始まると
頭を悩ませるママも多いでしょう。
そんな時は、給食のある幼稚園を選択するとよいですね。

もちろん大事な子供の幼稚園選びに給食を最優先しては
いけませんが、給食のある幼稚園のメリットは、
子供が初めての食材や苦手なものを
口にすることができるようになることです。

さいごに

幼稚園の見学についての説明をしましたが
いかがでしたでしょうか。
幼稚園選びは入園の1年前から動くことが
理想的といわれています。

色々な情報に惑わされることもありますが、実際に目でみて
どの幼稚園ならお子さんを任せられるかを
ママが判断するとよいでしょう。

どうせならお子さんもママも納得できる
幼稚園選びをしたいですね。

スポンサーリンク