赤ちゃんの頭を洗う時に泣かせないコツは?注意点や温度は?

赤ちゃんの頭を洗う時に泣かれることはありませんか?

沐浴をしていても、どんどん体が大きくなる赤ちゃんの体や頭を洗うこと自体が大変ですが、そんな中で赤ちゃんに泣かれると、お風呂(沐浴)に入れることが億劫になってしまいますよね。

今回は、赤ちゃんの頭を洗う時に泣かれないコツや注意点、それからお湯の温度についてお話ししていこうと思います。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭を洗う時に泣かせないコツ

まず、赤ちゃんは頭に水やお湯がかかることを嫌がります。

なので、まずは頭を洗う時に赤ちゃんが怖がらないような環境を整えてあげましょう。

例えば、お風呂におもちゃを置いてあげる。

これは、おもちゃで遊ぶことで気がまぎれるので、その間に頭を洗ってしまおう!という作戦です。

また、首が座っていてお座りができるなら、浴室内マットに座らせてあげて、安定したところで洗ってあげると、怖がらせずに洗ってあげられます。

マットもキャラのイラストが入っているものであれば、お風呂が楽しくなりますよ。

シャンプーハットを使うのも良いですね。

赤ちゃんの頭を洗う時の注意点

赤ちゃんの頭を洗う時の注意ですが、頭と体を同じ石鹸で洗わないことです。

赤ちゃんは、ぱっと見あまり汚れていないように見えますが、頭にたくさん汗をかきます。

なので、身体と同じ石鹸を使ってサッと洗うだけでは、「ん?ちょっと臭う?」となることもあるようです。

とはいえ、赤ちゃん用のシャンプーと言うものも少ないですよね。

なので、頭と身体の両方に使えるものを選びましょう。

いくつかご紹介しますね。

全身
・牛乳石鹸 キューピー 全身ベビーソープ 泡タイプ

・サラヤ アラウベビー 泡全身ソープ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自然派のサラヤ)アラウベビー泡全身ソープ本体450ml
価格:729円(税込、送料別) (2018/1/24時点)

・アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ 350ml
価格:962円(税込、送料別) (2018/1/24時点)

髪用
・和光堂 ミルふわベビーシャンプー 髪用泡タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和光堂 ミルふわ ベビーシャンプー髪用 泡タイプ 450ml
価格:736円(税込、送料別) (2018/1/24時点)

・牛乳石鹸 キューピー ベビーシャンプー 泡タイプ

・ピジョン 泡シャンプー

髪用のものを使っている場合は、別個でボディーソープや石鹸を用意しましょう。

また、固形石鹸も同じように種類がありますので、きちんと確認してくださいね。

赤ちゃん用の石鹸ですので、刺激が少ないものになっているとは思います。

しかし、大人と同じものを使っている場合は、その刺激で泣いている可能性もありますので、ちゃんと赤ちゃん用の石鹸を用意してあげましょう。

それから、頭を洗ってから流すときですが、お母さん・お父さん。

頭にお湯をかけることを怖がってはいませんか?

赤ちゃんは、生まれてくる前は羊水に浸かっていました。

なので、頭からお湯をかぶることにはあまり抵抗がありません。

でも、お母さん・お父さんが怖がっていると、それが赤ちゃんに伝わって不安にさせてしまいます。

慣れていないと怖いかもしれませんが、ここは思い切ってお湯をかけてあげましょう。

そして、最大の注意ですが、頭を流すときに耳にお湯が入らないように耳を抑えてはいませんか?

これ、結構危ないんです。

赤ちゃんの耳は小さくて、鼓膜が薄いです。

なので、耳を抑えてしまうと、圧迫して鼓膜を破ってしまう可能性があるのです。

もちろん、耳にお湯が入るのも怖いですが、これは耳の裏に手を添えて中にお湯が入らないように流してあげれば大丈夫です。

それでも怖い場合は、ガーゼタオルやタオルを濡らしてぬぐい取るか、シャンプーハットを利用しましょう。


スポンサーリンク

赤ちゃんの頭を洗う時の温度は?

赤ちゃんが心地よいと感じる温度は、37~40度です。

厳密には、夏は37~38度、冬は39~40度という感じですね。

で、この温度よりも高くなるとどうなるかと言いますと、まず、肌がデリケートな赤ちゃんの肌が乾燥肌への道を進むことになります。

お風呂の温度が高いくらいで?と思うかもしれませんが、お風呂上りにかゆがる子の多くは、お風呂の温度の高さが原因のことが多いです。

それから、赤ちゃんは暖かい羊水にいました。

羊水の温度は人肌と同じ温度ですので、それより熱いところはきっと想像もできないくらい熱く感じると思います。

冬は寒いですし、赤ちゃんが冷えないようにするための工夫は必要ですが、お湯の温度は、高くても40度にしましょう。

あとは、赤ちゃんをお風呂に入れる前に、お風呂の蓋を開けて浴室を温めたり、お風呂上りに寒くないように、お部屋を温めてあげるだけで充分です。

さいごに

いかがでしたか?

初めて赤ちゃんをお風呂に入れる時や、赤ちゃんの頭を洗う時に泣かれると、ちょっと慌てますよね。

うちの娘も、今まで普通にお風呂に入れたのに、頭を洗う時に泣かれたことがあったので、その時は軽くてんぱりました(苦笑)

その時は、シャワーの勢いや音がダメだったので、娘の頭を流す時は、ガーゼタオルを使っていました。

1歳すぎたころぐらいに、シャワーの音に慣れてきたので、弱めのシャワーで流して今に至るのですが、あの頃は結構気を使ってお風呂に入れていたように思います。

ベビーソープは、もともと牛乳石鹸 キューピー 全身ベビーソープの刺激が少ないものを使っていたので、痛がることはほとんどありませんでした。

今では、泡で洗うのも楽しいようで、自分でボディーソープのボトルの口から出ている泡を触っているくらいです。

みなさんも、「赤ちゃんが泣いたらどうしよう」と怖いかもしれませんが、案外ケロッとしていることの方が多いので、思い切って洗髪してあげてくださいね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする