子供のベッドはいつから使ったほうが良い?進め方と選び方は?

そろそろ子供用ベッドを購入し、両親から離れて子供を1人で
寝かせようと考えているママもいるでしょう。
でも、子供は1人で寝ることをすんなりと
受け入れてくれるのか心配ですよね。

そうすると、子供が1人で寝るのはもっと先延ばし
してもいいのでは、と考えてしまうこともあるでしょう。

今回は子供のベッドはいつから使ったほうが良いのかを
説明していきます。
また、子供が1人で寝るための効果的な進め方やベッドの
選びかたについてもお伝えします。

スポンサーリンク

子供のベッドはいつから使ったほうが良い?

子供に1人部屋を与えたことや、弟や妹の誕生、
小学校に入学したことをきっかけに
子供がベッドで寝るようになったという家庭も多いでしょう。

一番早くて2歳前後に子供用のベッドを購入し、
1人で寝かせる家庭もあるようですね。

最も多いのが、小学校に上がるタイミングの6、7歳の頃です。
小学校入学を機にそろそろ子供と別々に寝ようと考える
パパやママが多いということですね。

しかし、子どもが小学生になったからといって、1人で寝られるか
というと皆が皆そうではありません。
私の子供は今年小学生になったばかりですが、極端な怖がりなので、
1人で寝られるかというと実際には無理かなと思っています。

明日から1人で寝てね、と言ってみたところで断固拒否するのは
目に見えています。
私の子供のようにまだまだ1人で寝るには
難しい子供もいるでしょう。

外国では子供を1人で寝かせることが当たり前といわれていますが、
子供が1人で寝たからといって自立が早いかというと、
それが直接の原因ではないことが研究でもわかっています。

子供がいつからベッドで寝るべきなのか決まりがあるかと言えば、
とくにないでしょう。

子供が両親から離れて1人でベッドに寝るようになるのは
子供の自主性に任せるのが一番なので、焦らずに子供の様子をみて
決めてみるのでもよいのかもしれませんね。

子供が一人で寝る為の進め方

早く両親と離れて1人で寝てほしい、と考えるママもいるでしょう。
子供が1人で寝てもらうための進め方について説明をします。
両親からいきなり「今日から1人で寝なさい」と言われると
子供も抵抗があるでしょう。

まだまだ低年齢の時期は1人で寝ることが怖い子供もいます。
2段ベッドできょうだいと一緒に寝る場合は、また別な話になります。
1人で寝るわけではないので、わりとスムーズに両親と別れて
1人で寝てくれるでしょう。

しかし、子供が1人だけで寝る場合は
幾分か時間を取られるかもしれませんね。

子供に1人で寝てもらうには、
ゆるやかに段取りを進める方法がよいでしょう。

まずは子供のベッドや布団にパパやママが一緒に入って
添い寝からスタートをさせます。
そして子供が寝たのを見計らって部屋を
出ていくようにしてください。

さらに段階を踏んで食器を洗ったら行くから
先にベッドで寝ていてね、というように、
ママは今手が離せないの、というアピールをしていきましょう。

すると、子供は待ちくたびれて先に寝ることもあります。
そして子供が朝起きたときに1人で眠れたね!
と沢山褒めてあげましょう。


スポンサーリンク

子供のベッドの選び方は?

子どものベッドの選び方のポイントについてご紹介します。
子供のベッドを選ぶときのポイントは、何歳から何歳まで
つかうのか使用期間を想定して選ぶとよいでしょう。

低年齢からのベッドは、高さ調節のできるものや
転落防止のためのベッドガードがついているものを
選ぶとよいですね。

システム系の機能満載のベッドは、ベッドのほかに
チェストやデスク、本棚などがついています。
小学生以降の年齢の子どもに満足してもらえるでしょう。
兄弟のいる家庭は2段ベッドを購入するのもよいですね。

私も子供のころは兄と一緒に2段ベッドを利用していましたが、
おしゃべりをしながら眠りにつくことができたので、
両親と離れていてもとくに寂しく感じることはありませんでした。

ベッドは決して安い買い物ではないので、どんなベッドが
希望なのかいろいろと考えながらもお財布と相談して
選ぶとよいですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
アメリカでは最近は添い寝が幼い子供の愛情表現としても
最適な方法ということで各家庭に浸透しているようです。

日本文化の添い寝の良さが認められてきていることは
私たち日本人としてもうれしいですよね。

その日にあった出来事の話しをしたり、
本を読んで上げたりするのも子供が小さいうちだけでしょう。
ですので、親と子供が一緒に寝る時間を
できるだけ大事にしてあげましょう。

焦らずに子供が1人で寝たいと言い出したときに、
初めて子供がベッドで寝ることを考えてあげると
いいのかもしれません。
お子さんにとって最適な時期を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク