子供に箸の持ち方の教え方は?練習方法と教えるコツは?

みなさんのお子さんの箸の持ち方は正しいですか?
小さいうちに正しい箸の持ち方を教えてあげなければ、
もしかしたらお子さんが大人になったときに恥ずかしい思いを
するのではないかと懸念してしまいますよね。

お子さんに箸の持ち方をきちんと教えてあげられるのか自信がない
というママもいるでしょう。

でも安心してください。
コツさえマスターできればお子さんに自信をもって正しい箸の
持ち方を教えてあげることができるのです!

今回は子供に正しい箸の持ち方の教えるときのコツについて
説明していきます。

スポンサーリンク

子供に箸の持ち方の教え方は?

子供に箸の持ち方を教えるとき、みなさんは自信をもって
教えることができますか?
そんなの余裕、と答えるママもいれば、なんとなく自信がない
と思い付くママもいるのではないでしょうか。

私には2人の子供がいますが、正しい箸の持ち方を子供たちに
助言できるのかはあまり自信はありません。

なぜかというと子供の時に母親から厳しく箸のしつけを
されていて、上手にできなくて怒られてばかりだったので、
嫌な記憶しかなく箸の練習をするのを
途中で嫌になってしまったからです。

自分の持ち方が正しい持ち方なのかあまり自信がないまま
今日に至っています。

箸の使いかたでその人の育ち方がなんとなくわかるといいます。
大人になってから正しい箸の使い方ができないと
恥をかくこともあるでしょう。

また、正しく箸が使えないと、きれいに食事ができないという
デメリットもあります。

箸の持ち方が正しくなくても私のように
こうして普通に生きていけます。

しかし、自分が気づいていないだけで、どこかで恥を
かいていたのかもしれません。
ですので、箸は美しく持てるに越したことはないのです。

お子様と一緒に箸の持ち方をもう1度学びなおすことで、
ママ自身の箸の持ち方を改めるまたとない機会になるでしょう。

子供の箸の練習方法

子供の箸の持ち方のトレーニングには指にリングがついている子供用の
矯正箸を使う家庭も多いのですが、どうやら普通の箸に
移行するときに失敗するようです。
ですので、普通の箸で練習する方法をご紹介したいと思います。

まずはお箸1本から練習をスタートさせましょう。
親指、人差し指、中指を使って、えんぴつを握るように
子供に箸をもたせてあげてください。

それができるようになったら
えんぴつ握りをしてグーにしている手に、
もう一本の箸を親指のつけねから
下へ向けて差し込んでみましょう。

ポイントは親指と中指の間に差し込むようにすることです。
そして、2本の箸のうち、下の箸は動かさずに
上にある箸のみを上下に動かす練習をしましょう。

親指を支点にして人差し指と中指の2本で
数字の1を書くように箸先を上下するように動かします。

2本もちながら箸先を動かすことは子供にとっては始めは
難しい動作だといえるでしょう。
その場合は無理せずにまずは箸1本だけで同じような
動作ができるようにトレーニングをさせてみてください。


スポンサーリンク

子供に箸の持たせ方を教えるコツは?

子供に箸の教え方を教えるコツを説明します。
人には、他の人の動きをまねするミラーニューロンという
神経細胞があります。

そのため子供もミラーニューロンを働かせて親の行動をよく見て
まねをして覚えていきます。
子供に箸の正しい持ち方を教えるためには、まずは親が正しい箸の
持ち方を実践していく必要があります。

子供に教えるときは、こどもの後ろ側から手を回し、ママが正しい
箸の持ち方を実際にやって見せてあげるとよいでしょう。

子供は新しいことができるようになりたいという
前向きな気持ちを持っています。

箸を上手に持てるようになることは、今までにできなかったことが
できるようになり、子供にとって
大変意味のある経験でもあります。
自らを誇る気持ちが生まれ、スキルアップを自覚することができるでしょう。

箸の練習のときにはげましたり、ほめてあげたりすることが子供の
やりたい気持ちを後押しし、結果的に箸が上手に
持てるようになります。

親が厳しく箸の持ち方を教えることは、かえって箸の習得の
妨げにもなるでしょう。
子供の自尊心を傷つけることにもなりかねないので、
きつく指導しないように配慮してください。

さいごに

いかがでしょうか。
大人になると、身についた癖はなかなか抜けません。
ですので、子供には小さいうちから正しい箸のもちかたを
教えてあげるとよいでしょう。

箸の練習を強制してしまうと子供も途中で箸の練習を
嫌になってしまいます。
親子のコミュニケーションと捉えて、楽しみながら
箸の練習を進めていきましょう。

スポンサーリンク