赤ちゃんとのカラオケはいつからいい?影響と注意点は?

赤ちゃんが生まれる前はストレス発散によくカラオケに行っていたママは、多いのではないでしょうか。

それに平日の昼間のカラオケって安いですよね。

赤ちゃんが生まれるとカラオケに行かなくなったママも多いはず。

ですが、カラオケボックス店には年齢制限はありません。

だからといって赤ちゃんは連れて行っても大丈夫。というわけでもなさそうです。

今回は赤ちゃんとカラオケにはいつからいいのかと、カラオケに連れて行くことによる影響や注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんとのカラオケはいつからいい?

さきほども説明したようにカラオケボックスに年齢制限はありません。

ですので新生児からでも連れて行ってもダメなわけではありません。

ただ、さすがに新生児の赤ちゃんをつれてカラオケに行く目的のままの大半は歌う事ではなく、ランチ目的が多いと思います。

そうなんです。

カラオケボックスは歌だけではありませんからね。

密室なので、反対に赤ちゃんが泣いても周りの目が気にならない、という理由で利用しているママも多いでしょう。

そして歌を歌う目的の場合、生後何か月から大丈夫、という定義はありません。
ですができればだいたい、自分でお座りできる生後6か月以降ならまだ大丈夫かな。

と、思われます。

赤ちゃんとのカラオケの影響

赤ちゃんの耳はまだまだ未発達です。

従って大音量で長時間歌を聞かされると最悪、難聴になる恐れがあります。

難聴にならなくても、頭痛やめまいを感じることもありますので音量には気を付けてあげて下さい。

歌が目的の場合、長時間の滞在はやめ、せいぜい1~2時間程度で退出する事をおススメします。

赤ちゃんをカラオケに連れて行く時の注意点は?

ママの子育て中、ストレス発散したくてカラオケに行きたい。

と、思ってしまうと思います。

カラオケは絶対ダメとはいいませんが、赤ちゃんを連れて行く際はいくつかの注意点があります。

スポンサーリンク

・衛生的に除菌グッズは持って行く
大人と違って赤ちゃんは免疫がありません。
色んな物を口に入れようとしますので気を付けて下さい。

・音量は小さめにする
これは先ほど説明しましたが、赤ちゃんの耳は未発達です。
できるだけスピーカーから離れた安全な場所に座らせてあげて下さい。
ただしドア近くは、いつ店員が開閉すかも分かりませんのでそこも気を付けてあげて下さい。

・もちろん禁煙
赤ちゃんにたばこの煙がダメだという事はもはや常識。
カラオケボックスによっては部屋の中でたばこを吸っている客もいるかもしれません。
そう言った部屋はどうしてもタバコの臭いが染みついていると思いますので、事前に禁煙ルームなどあるのか確認してみて下さい。

・おむつ替えは専用スペースで
カラオケボックスは個室なので誰にも見られる心配がない事を逆手にとりつい、おむつ替えをそこでしがちになるママもいるかもしれません。
それはマナー違反ですよ。
カラオケボックスは歌を歌ったり、飲食もしますので他の人も利用することを念頭に入れておいて下さい。
もし、おむつ替えスペースがないのであれば早々に切り上げるようにして下さい。

最後に

カラオケはストレス発散の代名詞とも言えますよね。

でも赤ちゃんがいるから行けない。

と思わず、最近のカラオケボックスには「キッズルーム」を完備しているお店も多いのでぜひチェックしてみて下さい。

私も娘達が小さい時にカラオケに行ったのですが音量が気になり歌うことなく、ランチを食べて帰ったことがあります。

密室ですので子供達が勝手にどこかに行ってしまう心配もなく、大声を出しても周りの目が気になりませんし、子供達が飽きてきたころに、歌を歌わせてあげることができ、本当に助かりました。

昔では考えられなかった場所が段々、子供に優しくなっていくのは本当にありがたいです。

スポンサーリンク