幼稚園の役員をやる時の注意点は?コツと大変な事とは?

幼稚園の役員を任されて、子供や園のために頑張ろう!
と意気込む一方で、これからの1年うまくやっていけるのか、
不安に思うママもいるでしょう。

今回は幼稚園の役員をやるときの注意点やコツ、役員の仕事の
大変なことを紹介していきます。

スポンサーリンク

幼稚園の役員をやる時の注意点は?

幼稚園の役員をやるときの注意点について説明をします。
初めて幼稚園の役員をやるとき、何をすればよいのかわからない
というママも多いと思います。

役員の仕事は主に幼稚園の行事に関わるものが多いですね。
幼稚園では毎年の行事に流れというものがあるので、
流れに沿って仕事をしていくことが大事です。

そのため、自分の判断で勝手に行動せず、わからないことがあれば
園の先生や園の行事を把握する
先輩ママに聞く必要があるでしょう。

私も子供が年長の時に役員の仕事を引き受けました。

役員の仕事をどう進めていけばよいのかよくわからなかったため、
役員経験者や上の子供を卒園させている先輩ママに聞いて、
なにか決める時は今までの内容を踏まえながら
検討していきました。

そのほうが自分であれこれ考えるより圧倒的に楽でした。
良かれと思ってやったことが逆に園の迷惑になることも
ありますので出しゃばらないように注意をしましょう。

幼稚園の役員をやりきるコツ

幼稚園の役員をやりきるコツについて説明します。
役員をやりきるコツは

・1人で頑張りすぎないこと
・自分の仕事以外は極力関わらない
・1人1人の役割をしっかり決める
・ボランティア精神をもつ

・手抜きをする
・修行だと思う

こんな感じでしょうか。

役員を引き受けた私にとって最大の難関は、クラスのママたちの
前で話をしなければならないことでした。
私にとって人前で話すのは苦手なことでしたので、まさに
苦行の1年でもありましたが、修行と思って頑張りました。

その姿に同情したのか、他のママにも助けてもらい、
いつもありがとね~みたいな感じで感謝されることもありました。
また、前の役員経験者に、こんな時どうすればいい?
とよく相談もしました。

先輩ママの協力があればほぼ無敵です。

「失敗しても誰も気にしていない」「あと○か月」というように
時が過ぎるのをひたすら待ちました。
手抜きもよく考え、自分の仕事以外のことは知らないふりして
首を突っ込まないようにもしました(笑)

幼稚園の役員は、だいたいはペアを組んでやることになりますが、
もう一人があまり仕事をしないこともよくある話でしょう。
そんなときは初めから役割分担をしておくことが大事です。

そういうママはその人の分の仕事まで手をだすと、
ますます図に乗って怠けます。自分の仕事ときちんと
線引きをしておくことです。

また、自分の子供を含め、園の子供たちや先生のために働くという
ボランティア精神も必要なのかと思います。


スポンサーリンク

幼稚園の役員で大変な事は?

幼稚園の役員で大変なことをお伝えしていきます。
なにが大変なのかといえば人間関係ではないでしょうか。
役員間の人間関係で頭を悩ませているママも多いことでしょう。

役員の仕事内容はそこまでハードルの
高いものではないことは確かです。

しかし、ここに複雑な人間関係が生じることによって、
面倒な問題が次から次へと起こるのです。

例えば、

・役員命で暴走するママがいる
・人数が3人などの奇数になることになることによって
生まれる仲間外れ
・人任せなママと一緒に組む

・派閥
・ランチ会をしょっちゅうする

などのわずらわしい人間関係や

・なかなか意見がまとまらない
・本題から外れて、いつの間にかママたちの無駄な
おしゃべり会になっている

という非効率な仕事の仕方をすることもあるでしょう。

また、自分の家事や育児にも支障をきたすこともあります

・役員の仕事が大変すぎて、家はぐちゃぐちゃ
・子供にかまってあげられない
・頭の中が役員の仕事でいっぱい

と、このように、気の合わない苦手な人間と一緒に仕事を
しなければならず、自分の時間を拘束されることが、
幼稚園の役員の大変なところかなと思います。

さいごに

いかがでしたか?
役員の仕事は一人で抱え込まないことが大切です。
そのためにはわからないときはすぐ役員経験者や先生に
相談することが大事です。

また、与えられた仕事に真摯に取り組むことで、
周りのママからも協力を得ることができるでしょう。

悪いことばかり書いてしまいましたが、大変だったけれど役員の仕事を
経験してみて良かったというママも多いのも事実です。

素晴らしいママとの出会いもあるかもしれません。
やるからにはポジティブ思考で楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク