幼稚園児の子共が朝離れてくれない時の対処法は?ポイントとなだめ方は?

幼稚園に行く時間になると、子どもがなかなか離れてくれないと
悩んでいるママもいるのではないでしょうか。
幼稚園に行きたくない!と子供に朝から大泣きされると、
ものすごく心が痛みますよね。

今回は幼稚園の子どもが朝離れてくれないときの対処法や
園に預ける時のポイントと、泣きじゃくる子供の
なだめ方についてご紹介します。

子どもにどうすればスムーズに幼稚園に行ってもらえるのか
悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

幼稚園児の子共が朝離れてくれない時の対処法は?

幼稚園児の子供が朝離れてくれないときの対処法をご紹介します。
子どもが朝離れてくれないとき、ママは心配や戸惑い、
不安など色々な気持ちになるのではないでしょうか。

そんなときにもできるだけ、
子どもの前では明るくふるまうようにしましょう。

なぜなら子どもは感受性がとても豊かなので、ママの不安な
気持ちを感じ取り、余計に幼稚園に行きたくなくなるからです。

「今日は幼稚園でどんな遊びをするのかな?楽しみだね」
「幼稚園楽しいね」
「お遊戯会の練習頑張ってね。楽しみにしているからね!」

と、肯定的な声掛けをかけていきましょう。
そうすると、子どもも少し気分が良くなります。

感受性はその子どもによってそれぞれ違うので、
朝離れてくれないのが長引く子もいるでしょう。

そんなときは、私の子供は感受性が豊かで賢い子なのね、
とおおらかに構えるようにしてみてください。

泣かないでバイバイできた日には
カレンダーにシールをはるなどして、
見える形のご褒美をしてあげるとよいでしょう。

幼稚園に子供を預ける時のポイント

幼稚園に子供を任せるときのポイントについて
考えていきましょう。

幼稚園に入る時期の子どもはママと離れることに対して、
不安をもつのは当然で、成長過程でどの子供も経験することです。

子どもがママと離れることを母子分離といいますが、
幼稚園の先生は子供が母子分離からくる
気持ちの不安定さをきちんと理解しています。

そのため、子供の気持ちに寄り添った適切な対応をしてくれます。
園についた時点で、親が頑張るのではなく、幼稚園の先生を信頼して
すべてをお任せしてみましょう。

そうしてだんだんと母子分離ができ、子供は幼稚園に通うことを
納得するようになるのです。

幼稚園に預けるときに子供が大泣きしてしまうので、
可哀そうなことをしているのでは、と園に預けることに対して
罪悪感を持つママもいますね。

でも、罪悪感を持つ必要は全くありません。子どもは親の前では
泣いていても、幼稚園の中では楽しんで
遊んでいることが多いのです。

「幼稚園で楽しく遊んでね。早くお迎えにいくからね!」
と明るく声をかけて、子どもからさっと別れるようにしましょう。

子どもから離れるときは、笑顔でお別れの挨拶をして、
後ろを振り返らずにその場から
すぐに立ち去るようにしてみてください。


スポンサーリンク

幼稚園に送り出す時に泣きじゃくる子供のなだめ方は?

幼稚園に送り出すときに泣きじゃくる子供のなだめ方は、
幼稚園に行きたくない、という子どもの気持ちを
受け止めることが大事です。

そのためにはまずは子供が発する言葉に対して、
共感をしてみてください。

たとえば、「幼稚園に行きたくない」といったなら、
「そっか…幼稚園に行きたくないんだね。
まだ、おうちで遊びかったのかな」

と、子供が今どんな気持ちで言ったのかを想像しながら、
親なりに考えて今の子供の気持ちに
フィットした言葉を返してみましょう。

ママが共感することによって、もしかしたら子どもは
もっと泣いてしまうこともありますが、それは、自分の気持ちを
ママが理解してくれたという安心感からくる行動でもあります。

泣くことはストレスを発散させる効果がありますので、
おおいに泣かせてあげてください。

順番としては最初に共感の言葉をかけてから、
次に子どもに伝えたい言葉をかけましょう。

たとえば子供の気持ちに共感の言葉をかけてから、
「早く幼稚園に迎えにいくからね」
「幼稚園から帰ってきたら、○○して遊ぼうね」

という声かけをしてみると、子どもは思いのほか
幼稚園に行くことを受け入れてくれます。

さいごに

以上、幼稚園の子どもが朝、ママから離れてくれないときの
対処法を紹介しました。

子どもが幼稚園に行きたくない、とギャン泣きばかりしていると、
自分の子育てが間違っているのかな?など、ママは自分を
責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、子どもの成長過程においてどの子どもにも
起こりえることで、ずっと長く続くということはありませんので、
安心してください。

お子さんが小さいなりに幼稚園で頑張っている姿を
温かく見守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク