赤ちゃんにチョコは何歳から大丈夫?対処法とダメな理由は?

赤ちゃん

チョコは甘くておいしい,大人も子供も大好きです。
ついつい赤ちゃんにもあげたくなりますよね。しかし他の食品同様いくつか注意点がありますので,ここで書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんにチョコは何歳から大丈夫?

離乳食期が終わると、赤ちゃんはさらにいろいろな食べ物に興味が出てきます。
ママやパパも、そんな赤ちゃんに新しい食べ物を与えてみたいと思いますよね。
一般的に、間食に「おやつとしての楽しみ」の要素が重要になるのは3歳以降といわれています。
肥満や虫歯など、チョコレートが子供に与える影響も大きいので、チョコレートはできれば3歳を過ぎてから与えたほうがいいでしょう。

赤ちゃんにチョコを口にしてしまった時の対処法

赤ちゃんがチョコを口にしてしまったという場合はどうすればいいでしょうか?
もしチョコレートを口に入れたばかりであれば取り出してあげてください。
もう口の中で溶けていたり、飲み込んでしまっていても、アレルギー反応が出なければ、病院に連れていく必要はありません。
アレルギー反応が出るには少し時間がかかることもあるので、初めてチョコレートを食べてしまったときは、そのあとの赤ちゃんの様子を慎重に見るようにしてくださいね。

赤ちゃんにチョコがダメな理由は?

チョコレートは嗜好品なので、どうしても食べなければいけない食品ではありません。
赤ちゃんにチョコレートをあまりおすすめできないのは、以下のような理由もあります。

スポンサーリンク

〇味覚形成に影響を及ぼす
最低限の味付けしかされていない離乳食期が終わった直後に味が濃い食べ物を与えてしまうと、赤ちゃんには刺激が強すぎてしまいます。
大人にとってもかなり甘いと感じるチョコレートですから、赤ちゃんにとっては、なおさらですよね。
このような刺激の強い味を覚えてしまうと、食事を食べなくなり食生活が乱れてしまう可能性があります。
いろいろな味を楽しんでほしいのであれば、いきなりチョコレートのような強い味の食べ物を与えない方が良いでしょう。

〇依存性が強い
まだ自制心が備わってない赤ちゃんは、同じ遊びを延々と繰り返したり、同じ食べ物ばかりを好んで食べたりしますよね。
特にチョコレートは赤ちゃんが口にするほかの食べ物より格段に甘く、チョコレートに多く含まれる砂糖にも依存性があります。
味を覚えてしまうとチョコレートばかりを欲しがってしまう可能性があります。

〇覚醒効果がある
チョコレートの原材料であるカカオにはテオブロミンという成分が含まれています。
これはカフェインに近い作用を引き起こすため、大人にとっては時に有用でも、赤ちゃんにとっては夜に眠れないなどの睡眠障害を起こしかねません。

〇トランス脂肪酸が含まれている
チョコレートには、トランス脂肪酸が含まれていることもあります。
トランス脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを増やしHDL(善玉)コレステロールを減らすことで心疾患のリスクを高めるといわれています。

さいごに

チョコ(趣向品)は日々の生活をちょっと幸せにしてくれるものです。
パパママもお子さんも健康に気を付けながら楽しく食べましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました