子どもの悪戯で保険はおりるの?おすすめと補償範囲は?

子供

子どもは、時に大人では考えられないような行動を起こすものです。
ヒヤヒヤさせられること、たくさんありますよね?
特にやんちゃでイタズラ好きだと、親の心配は尽きません。

大人とは違い、視野が狭く、危険を察知する能力も劣っています。
「もしかしたら○○するかもしれない」と万が一に備えて自分の行
動を制御するというのは子どもにとって難しいことのようです。

子どものすることだから、と大目に見てもらえることもあるかもし
れませんが、それはごくまれなことです。
いくら子どものイタズラとはいえ、他人にケガをさせてしまったり、
他人の物を壊してしまえば、親の監督責任が問われるのは当然です
よね?!

治療費を支払ったり、物を弁償するだけではなく、相手に重傷を負
わせてしまったりすれば、高額な賠償金が発生する可能性も全く無
いとは言い切れません。
なんと、過去には自転車事故で1億円近くの賠償金支払いの判決が
下されたケースもあるのです。

たった一度の子どもの不注意で、家族が一生かけて償わなければな
らない程の大金を支払うことにもなりかねないということです。

そんな事態にならないために、子どものイタズラや不注意で起こし
てしまったことを補償してくれる保険があれば、入っておいて損は
無いですよね?

子どものイタズラなどで適用される保険について、気になることを
以下にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

子どもの悪戯で保険はおりるの?

人を傷つけないように、人に迷惑をかけないようにと日頃から言い
聞かせておくことはもちろんですが、故意ではなく不注意で結果的
にケガをさせてしまったり、壊してしまうこともあります。

そのような場合に補償してくれる保険として、「個人賠償責任保険」
というものがあります。

これは、個人が住居の管理や日常生活において過失により、他人の
身体・生命・財産に損害を与えた場合に負担する法律上の損害賠償
責任を補償する保険です。
ざっくり言うと、日常生活の中で、意図せずに、他人の物を壊した
り、他人にケガを負わせた時に弁償代や治療費が支払われる保険で
す。

スポンサーリンク

この保険は、家族の誰か一人が加入していれば子どもも補償の対象
になり、保険料は月額数百円程度のものがほとんどです。
これで安心が買えるなら安いのではないでしょうか。

お子さんがいるご家庭なら特に、いざという時に備えてこのような
保険に入るという選択肢も検討してみましょう。

子どもの悪戯に備えるおすすめの保険

ただ個人賠償責任保険といっても、どの会社のものを選べばいいの
か迷いませんか?

ですが、この個人賠償責任保険は、他の保険に特約として付くこと
が一般的です。クレジットカードに付帯されている場合もあります。

すでに、自動車保険や傷害保険、火災保険などに加入している場合
などは、一度契約内容を確認してみてください。
ちなみに我が家は、火災保険の中に入っていました。
恐らく加入した際に説明を受けていたのでしょうが、全く身に覚え
がありませんでした(笑)
二重に加入しないように注意が必要ですね。

もし、まだ加入されていないようなら、補償額は念のため1億円以
上のものを選びましょう。
また、委託先の会社が大手であれば、過去の実績の点から安心です
し、サービスの質も期待できます。

保険料の安さも重要ですが、後悔しないように慎重に選びましょう。

子供の悪戯の補償範囲は?

個人賠償責任保険の補償範囲としては、子どもの場合、以下のよう
な例が当てはまります。

お店の中で走り回って陳列していた商品を壊してしまった。
おもちゃを振り回していて誤って近くにいた子どもにケガをさせて
しまった。
キャッチボールをしていて近くに停まっていた車に傷をつけてしま
った。

どれも起こり得そうなケースばかりですね。

ただし、この保険に加入しているとはいえ、ケースによって全額補
償にならないこともありますし、補償の対象から外れると判断され
ることもあります。
一例を挙げると、腹が立ったので友人を殴ってケガさせた、という
場合には適用されません。
意図的にケガをさせた場合には補償の対象外となります。
子どもの行為全てに対して補償されるものと勘違いしないようにし
ましょう。

さいごに

いかがでしたか?
お子さんのイタズラに日々悩まされている方、この記事を読んで保
険のことが気になった方、この機会にご家族で話し合ってみるのも
いいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました