双子の子育てでイヤイヤ期の乗り越え方は?疲れた時と楽しく過ごす方法は?

服を着るのもイヤ!ご飯を食べるのもイヤ!歩くのもイヤ!
あ~ついにこの時が来てしまったか・・・と、噂に聞いてきたイヤ
イヤ期に直面するママたちが多いことでしょう。

1人だけでも大変なこの時期。
双子が一斉にイヤイヤ期に突入したら・・・
想像しただけでもカオスですね(汗)

我が家には男女の双子がいますが、幸いイヤイヤが激しかったのは
息子だけでした。娘は甘えん坊ですが、不思議と息子が暴れている
最中はおとなしくしていました。息子の狂気っぷりに引いていたの
かもしれません(笑)
息子は2歳になる前頃からイヤイヤが出始めました。
道のど真ん中で仰向けになって大泣きしたり、ベビーカーや電車に
乗っているときに降ろせと泣きわめいたり・・・。
落ち着かせようと抱っこしようとしても手足をバタバタさせて暴れ
るので、そのうち幼児連れ去りとか虐待とかで通報されるんじゃな
いかとヒヤヒヤしていたぐらいです。
1人だけなら暴れる子をかついで無理矢理連れて帰れるかもしれま
せんが、双子の場合、1人だけにかまっていられないので、そうす
ることはかなり難しいです。
1人で途方に暮れていた時に、通りすがりの優しい方に手助けして
もらったこともありました。

いつになったら終わるの?早く終わって!と願うお母さんたちが多
いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

双子の子育てでイヤイヤ期の乗り越え方は?

何でもイヤイヤされると、本当にイライラしてしまいます。
怒りたくなる気持ちはとてもよくわかります。
でも、怒っても火に油を注ぐようなものです。
余計に泣き叫ぶでしょう。

なぜイヤイヤするのでしょうか。
この時期は言葉が出始める時期です。語彙数もほとんどないので、
言葉で何かを伝えるということはほとんど難しいですよね。
「僕は今こんなことしたくないんだよー!」
「どうして僕の気持ちをわかってくれないんだよー!」
こんな気持ちをイヤイヤで表わしているのかもしれません。

大人も同じように、考えていることが上手く相手に伝わらなかった
り、自分のタイミングを他人に乱されたりすると、イライラ、モヤ
モヤしますよね?

スポンサーリンク

イヤイヤへの対応には受け止めることが大事です。
「そっかー、歩きたくないんだね。」などと、子どもの味方をして
あげてください。
一旦受け止めたら、他のことに関心を向けると意外と上手くいくこ
とがあります。
「あ!大きい飛行機が飛んでるよ!」など子どもが興味を持ちそう
なことを言ってみてください。
上手く気を逸らすことができれば、「さっきまでのイヤイヤはなんだ
ったの?!」というぐらいご機嫌になることもあります。

でも、あの手この手で落ち着かせようとしても、残念ながら無理な
時は無理です。
諦めることも大事です。
上手く息抜きをしながら乗り越えるようにしましょう。

双子の子育てでイヤイヤ期に疲れた時

受け止めて、気を逸らして・・・と、イヤイヤへの対応の仕方につ
いて紹介しましたが、それでもギャーギャー泣き続けることは多々
あります。

ずっとまじめにイヤイヤに付き合っていたら疲れてしまいます。
ストレスでもう限界!となる前に、少し子どもと距離を置いてみる
ことをおすすめします。
安全確認はした上で、5分10分離れてコーヒーでも飲んで落ち着
いてみるのもいいですし、旦那さんなど頼める人がいれば子どもた
ちを任せて外出するのもいいと思います。

疲れてしまうのは、それだけ子どもと向き合っている証拠。
とても素敵なお母さんです。
全てを否定されているように受け止めたり、自分の育て方が間違っ
ていたなどと自分自身を責めないでください。
誰もが通る道、いつかは終わること、と割り切って子どもの成長を
見守りましょう。

双子の子育てでイヤイヤ期を楽しく過ごす方法は?

大変な時期こそ楽しく過ごせるといいですよね。

少し余裕があれば、イヤイヤしているところを動画に撮ってみるの
もいいですよ。
イヤイヤされている最中は冷静になれないことも、後になって動画
で見返すとちょっと可愛く思えたりもします。
本人が大きくなったときに、この頃は本当に大変だったんだよーと
振り返るために動画を撮るのもちょっとした楽しみになるかもしれ
ません。

さいごに

いかがでしたか?
何でもイヤイヤって、ママやパパにしか言いません。
本心で拒否しているわけではありません。
ママやパパを信頼している、大好きってことなのです。
長くて1年ほど、必ず終わりがやってきます。
イヤイヤ期は、自我が芽生えるという大事な成長過程です。
子どものイヤイヤ期と上手に付き合えるといいですね。

スポンサーリンク