子供が頭痛くて泣く時の対処法は?注意点と病院に連れて行くタイミングは?

皆さんは小学生ぐらいの頃、頭が痛くなった経験がありますか?
私自身は経験がありませんが、子どもが頭痛になるのはそう珍しく
はないようです。

頭痛を訴える子どもは小学校高学年から中学生が最も多いようです
が、幼稚園児もいることには正直なところ驚きました。

直前に頭をぶつけたわけでもなく風邪の症状などがあるわけでもな
い。
理由がわからないのに頭が痛いと訴えられると、親としては心配し
てしまいますよね。
さらに泣いて痛がるようなら余程の痛さでしょう。
何か脳に異常があるのではないかといっそう不安になります。

ただ、そんな事態はごくまれなこと。
実際、頭痛で病院に行ったけど、単に経過観察や薬を処方される程
度で済むということが多いようです。

もし子どもが頭痛で泣いている時にはどうすれば良い?
病院に連れていくタイミングは?
注意しなければならない点は?

そんな疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

子供が頭痛くて泣く時の対処法は?

子どもの場合も大人同様に頭痛の種類はさまざまです。

頭痛には、外傷や風邪などの疾患によって起きる場合もあれば、片
頭痛や緊張型頭痛もあります。
外傷や風邪などによる頭痛は原因がはっきりしていますが、片頭痛
や緊張型頭痛の場合は本人ですら原因がわからないこともよくあり
ます。

痛みを誘発する原因は人によって違います。
ストレス、疲れ、睡眠不足、精神的な緊張、気候の変化、食品など。

親としてできることは、頭痛の症状が出る前後の出来事を把握して
おくことと、子どもの様子を注意してみておくことです。

痛みが出やすい傾向を知っていればそれについて対策することはで
きます。

片頭痛のように長く付き合っていかなければならない場合もありま
すが、それでも生活の中で改善できる部分があればサポートしてい
くことが大切です。

スポンサーリンク

子供が頭痛を訴えた時に病院に連れて行くタイミングは?

子どもが頭痛を訴えている時には、まず病院へ連れていくか、自宅
で様子をみるか、どちらか判断しなければなりません。
中にはすぐに検査が必要な頭痛もあります。歩くときにふらつく、
手足が動かしづらい、毎日のように頭痛とおう吐を繰り返すなど、
明らかに様子がおかしかったり、頭痛が治まるどころか悪化してい
る場合は早急に医療機関を受診しましょう。

緊急性がないと判断した場合でも、頭が痛くなることが頻繁にある
ようであれば、授業に集中できないなど学校生活に影響が出ること
もあります。
片頭痛であれば、かなりの痛みを伴います。
完全になくすことは難しいです。ただ、減らすことはできます。
医師に正確な症状を伝えるためにも、頭痛の症状、その時の子ども
の様子などを書き留めておき、様子を見て、生活に支障をきたすよ
うなら受診することをおすすめします。

子供が頭痛を訴えた時の注意点

頭痛の症状は本人にしかわかりません。
病院では問診が中心になりますが、大人でもその症状を正確に伝え
るのは難しいです。
表現方法が未熟な子どもなら、なおさら難しいことでしょう。

うまく伝えられずイライラしたり、痛みで不安になることが多いと
思います。
そんな状況で親があたふたしたり、問い詰めたりしてしまうと余計
に不安になってしまいます。
せめて子どもの前では冷静さを保ち、優しく落ち着かせてあげまし
ょう。

また、勝手な判断で頭痛薬を飲ませてはいけません。
どの薬も副作用のないものはありません。原因を見極めたうえで、
どうしても必要だと医師が判断した場合にのみ服用しましょう。

頭痛の他に発熱やおう吐などの症状がなければ、仮病扱いされやす
いことが多いのが現実です。
ただ、大したことはないと決めつけて対応を間違えば、子どもが不
登校になってしまうなど、とても危険です。
子どもの頭痛には正しい理解を持つことが大切です。

さいごに

いかがでしたか?
子どもの頭痛には、周囲のサポートがとても重要です。
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク