子供にイライラした時のストレス発散法は?無視してしまった時や影響は?

子供

かわいい子供たち。ですが毎日過ごしていると多かれ少なかれイライラしてしまうこともあるでしょう。
ここではそんなときの対処法やイライラを子供に向けるべきでない理由の話を書いていきます。

スポンサーリンク

子供にイライラした時のストレス発散法は?

《一人の時間を作る》
どのストレスでも言えることですが,ストレスを軽減するためにはまずその原因となるものから離れることが一番です。
家族や友人に素直に理由を話して30分でも子供と離れてみましょう。
だいぶ気分が変わります。

《同じ境遇の人が集まる場所に行く》
気分転換と言っても知らない人や子供への理解がない人が多いところに行くと気を使って疲れます。
例えば市区町村で運営している子供センターやちびっこクラブなど同じ子育て中の人がいる場所に足を運んでみましょう。
「その気持ちわかる」「この悩みわかってもらえた」という経験ができるかもしれません。

《大声をだす》
これもどのストレスでも言われていることですが,大声を出すと人はスッキリします。
カラオケや車などの個室に行って意味もなく大声を出してみましょう。

《泣く》
人は泣くという行為をするとリラックスするホルモンが分泌されます。
本や映画を観てたくさん泣きましょう。
しかし,子供の前で泣くのはやめましょう。(子供は敏感に感じ取ります。)

《子供との思い出を振り返る》
写真や動画を見返して思い出を振り返ってみましょう。
思い返すとイライラしたりストレスがたまったりする時間は,実はほんの一時であることに気付きます。

スポンサーリンク

子供にイライラして無視してしまった時

《アンガーマネジメントを心がけよう》
人の怒りのピークは6秒だと言われています。
それを過ぎれば怒りをコントロールできるそうです。子供が何かやらかしてしまった時,瞬間的に言葉や態度に出してしまうのではなく,心の中で「1・2・3・・・」と数えてみましょう。
そういうゲームだと思って取り組むのもおもしろいかもしれません。

《繰り返さない》
無視はしない方がよいですが,もししてしまった時は繰り返さないようにしましょう。
繰り返さないためには上記の対策をしながらストレスやイライラをためないことが重要です。
また,無視をしてしまった後は「さっきはごめんね。○○でお話しできなかったの」と嘘でもいいのでフォローをして,子供を安心させてあげましょう。

子供に対してイライラしてしまう影響は?

まず,想像してみてください。
自分より倍以上もある怪物に,鼓膜が破れるような大声で叫ばれたり,分からない言葉で話されたり,怒っているのかどうか分からない態度をずっとされていたら。
恐怖でしかないですよね。
これが大人が子供にイライラをぶつけている状態です。
こんな状態では子供は委縮し,大人の顔色をうかがいながら生活するようになり,思考は「怒られないようにするには」の一点に絞られるようになってしまいます。
イライラすることは人間ですから必要な生理的現象です。
ですがそれを子供にだけはぶつけないようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?イライラは誰でもします。
悪いことではありません。大丈夫です!
上記の対策をしたり,だれでもいいので正直に相談しながら毎日の生活を素敵なものにしていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました