子供の猫舌の改善方法はどうする?やけどした時の対処法と原因は?

寒い冬、熱い鍋物やラーメンなどを
熱々のまま食べたいですよね。

しかし猫舌の方は、
少し待って冷ましてからでないと、
食べることができませんね。

ではなぜ猫舌になってしまうのか?
遺伝や体質によるものでしょうか?

親としては、できることなら
子供の猫舌を治してあげたいと思いますよね。

そこで今回は、子供の猫舌の原因と改善方法、
やけどした時の対処法などをご紹介します!

スポンサーリンク

子供の猫舌の改善方法はどうする?

子供の猫舌の原因が
遺伝や体質でないということは、
今からでも改善させることができます。

子供の猫舌を改善させるには、
毎日の食事の中で
舌の使い方を意識して変えてみましょう。

意識してトレーニングを重ねれば、
猫舌を改善することができます。

では具体的にはどうすればいいのか?

先ほどお話ししたように、
熱さは舌の先の方が敏感に感じ取ります。

ですので、なるべく舌の先に熱いものを
触れさせないようにすればいいわけです。

熱いものを食べるときは、
舌の先を下前歯の裏側に押しつけながら
食べてみましょう。

そうすれば、熱いものが舌先に当たらずに、
口の奥まで運ぶことができます。

最初は難しいかもしれませんが、
何回も練習するうちに慣れてきますよ。

トレーニングあるのみです!

子供が猫舌になる原因は?

子供が猫舌になる原因は、
熱い食べ物や飲み物を口に入れた時の
舌の使い方にあります。

人間の舌は、先の方が熱さを敏感に感じ取ります。
逆に奥の方は熱さを感じにくくなっています。

ですので,猫舌でない方は
熱いものを食べたり飲んだりするときに、
自然と舌を下の前歯の裏に隠すようにして
奥へ流し込んでいます。

しかし猫舌の方は、
舌を出したままにしているため
熱さを敏感に感じてしまうんですね。

ちなみに、
最初はみんな猫舌です。

でも成長する中で、
色々な熱い食べ物や飲み物を
繰り返し口にすることで、
熱いものを口に入れた時の舌の使い方を覚えていきます。

スポンサーリンク

つまり、熱い食べ物や飲み物を与えられなければ、
いつまでも舌の使い方を習得することはできませんよね。

親が猫舌だと
食卓に熱い食べ物が並ぶ機会が少ないので、
必然的に子供も猫舌になってしまうわけです。

猫舌になる原因は、
家庭環境や食習慣が大きく影響しているんですね。

ですので、遺伝や体質ではないんです。

子供が舌をやけどした時の対処法

舌や口の中のやけどは、
他の場所よりも治りが早いと
言われています。

実際に、少々のやけどなら
一日もあれば治りますよね。

しかし、子供がやけどで痛がっている場合、
すぐにでも痛みを和らげてあげたいですね。

そこで、痛みや炎症をやわらげる方法を
いくつかご紹介します。

・ 氷やアイスで患部を冷やす
やけどをしたら、とにかくすぐに
患部を冷やすことが重要です。

氷を口の中に入れて冷やすか、
アイスを患部にあてながらなめて
冷やしましょう。

・ はちみつを舐める
はちみつには、抗菌、抗炎症作用があり、
やけどの回復を早める効果があると
言われています。

即効性はありませんが、
患部を十分冷やした後に舐めておけば、
治りを早めることが期待できますよ。

・ 砂糖を患部にあてて溶かす
砂糖をひとつかみほど、
やけどした舌の上に振りかけます。
そして口の上側にあてて溶かします。

そうすると、痛みをやわらげる
効果のあるホルモンが分泌されます。

やけどをしてしまった際は、
ぜひ試してみてくださいね。

さいごに

いかかでしたか?

猫舌が遺伝や舌の構造の違いなどではなく、
子供の頃の食事が影響しているなんて
本当に驚きですよね!

子供が猫舌なのは
今までの食生活が影響しているとしたら…

治せるものなら
子供のうちに治しておきたいですよね。

ぜひお子さんと一緒に、
熱々の料理を食べて
猫舌のトレーニングをしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました